4Kテレビが欲しい 動向をチェック 大画面・高画質の次世代テレビ「4K」

4Kテレビが欲しいと思い始めました。店頭で決める前にAmazon、楽天、Yahooでの価格、製品の特徴などを店員さんに依存しないで確認したい

TOSHIBA REGZA M510X 40M510X

   

40M510X

40M510Xは、2017年5月発売の東芝のM510Xシリーズ 40インチです。

  • 40M510Xの魅力は?
  • 40M510Xの気をつけたいポイントは何?
  • 40M510Xの評判は?
  • 40M510Xの競合は?
  • 40M510Xの最近の価格動向は?待ち?買い?
  • 40M510Xをネットで購入するとどのくらい?
  • 40M510Xの基本スペックは?

がわかります。

40M510Xの競合は、同程度のサイズで競合する製品や、消費電力が優れている製品、インチサイズが同程度の競合する製品など複数の視点で掘り下げていきます。

40M510Xの価格は、日々蓄積している価格情報から長期的な価格推移の確認や、本日の最安値店が確認できます。

 

 

掘り下げる前に、40M510Xがサクッとわかる情報です。

40M510Xがサクッとわかる情報

TOSHIBA REGZA M510X 40M510X

美しい肌とクリアなサウンドでいつもの地デジが生まれ変わる。フロントスピーカー採用 プレミアム4Kモデル

 

メーカー
東芝
シリーズ
M510Xシリーズ
画面サイズ
40.0インチ
最適視聴距離
約82cm〜
価格動向
TOSHIBA REGZA M510X 40M510X
最安値
85,870円
平均価格
100,499円(2店舗)
公式サイト
TOSHIBA REGZA M510X 40M510X
最安店で最新の価格を確認して見る

 

通販サイトごとの最安値はこちらから確認できます

  • Amazonボタンのリンク先は、Amazonの40M510Xのページです。カスタマーレビュー、配送料が確認できます。また「新品の出品」リンクから商品価格+配送料、販売店の情報を確認することができます。
  • 楽天市場ボタンのリンク先は、楽天市場で40M510Xを販売しているショップがまとまっているページです。最安値ショップの他、レビュー、獲得できる楽天スーパーポイントを確認できます。
  • Yahooボタンのリンク先は、Yahoo!ショッピングで40M510Xを販売しているストアがまとまっているページです。最安値ストア、購入者のレビューが確認できます。またストアごとの在庫状況、送料、価格、獲得できるTポイントを一覧で確認できます。

ここから4K対応テレビがお得に購入できる通販サイトのキャンペーンやセール情報を掲載しています。通常より多いポイントで実質負担額を下げてお得になる情報、今の底値を更新するお得な情報をご紹介しています。興味のない方はこちらをクリックしてください。目次へ移動できます。

 

楽天市場 全ショップ対象 エントリーでポイント3倍
開催期間:12/11(火)10:00 〜 12/14(金)9:59
楽天市場でのボーナス特集 エントリーで全ショップ対象3,000円以上のお買い物でポイント3倍キャンペーン開催しています。エントリーが必要です=>https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/bonus/winter/

Amazon Music Unlimitedキャンペーン中です

【Amazon】新規登録で3か月99円キャンペーン 1/4まで
2018年11月15日15時01分~2019年1月4日23時59分の期間にAmazon Music Unlimited個人プランを申し込むと3か月99円(税込)でAmazon Music Unlimitedをたっぷり使えるキャンペーンです。Amazon Music Unlimitedは有料の音楽配信サービスです。そのため4か月目以降は月額980円(税込)(プライム会員の方は780円(税込))の月額が発生します。3か月99円キャンペーンは1名様、1アカウントのみ限定です。個人プラン新規の方限定のため、一度体験されている方はこのキャンペーンの対象外になります。
Amazon Music Unlimitedは12/1よりd払い可能です。

 

目次

 

40M510Xの魅力とは


40M510Xの魅力を列挙!

  • 映像処理エンジン:レグザエンジン Beauty
  • 肌の質感をよりリアルに表現する「美肌リアライザー」
  • 地デジを高精細な4K解像度で再現する「地デジビューティー」
  • 低域から高域まで透明感のある響きと厚みのある豊かなサウンド、オンキヨー株式会社との共同開発した新スピーカーを採用
  • 番組を見ながら別の2番組(地上デジタル/BS/110度CSデジタル)を録画できます。
  • 画像処理の遅延を抑える4Kゲームターボでゲームプレイも快適、PCゲーム HDMI2560×1440 60p入力対応

 

40M510Xの気をつけたいポイント

2018年12月1日10時放送開始予定のBS4K/CS4K放送を受信する機能は搭載していません。

無線LAN機能は、最新規格IEEE802.11ac未対応です。

HDMI 4K(3840×2160)入力は60Hzに対応しています。4K(4096×2160)入力は最高30Hzです。

 

40M510XでBS4K/110度CS4Kを視聴するには?

40M510Xは4Kチューナー、または4Kチューナー内蔵ブルーレイレコーダーを接続することで新4K衛星放送(BS4K/110度CS4K)を視聴することができます。東芝純正の4Kチューナーは、TT-4K100です(2018年11月下旬発売予定)。TT-4K100は、BS4K/CS4Kチューナーを1つ、地上・BS・110度CSチューナーを2つ搭載しています。4K番組のHDD録画、地上/BS/CSの裏番組録画に対応しています。(USBハードディスクは別売りです)
・レグザのリモコンで操作できます。
・40M510Xは、レグザコンビネーション高画質対応機種です。
・18Gbps対応のHDMIケーブルが必要です。検証済みHDMIケーブルは「JVCケンウッド HDMIケーブル EPシリーズ」(2018年10月時点)です。

その他4Kチューナー、4Kチューナー内蔵ブルーレイレコーダーはこちらにまとめています。

 

40M510Xの評判は?

 

40M510Xが受賞した権威ある賞

HiVi、VGP、価格COMプロダクトアワード等より40M510Xの評判・評価を調べています。

40M510Xの受賞履歴は以下の通りです。

VGP 2017 Summer

ディスプレイ部門
受賞

(4Kテレビ45型未満)
  

VGPは、オーディオビジュアルアワードで、夏(6月ごろ発表)と年間(11月ごろ発表)の2つのアワードがあります。
著名な審査員が優れた性能・優れた技術・優れたコンセプトを実現した国内販売されているホームエンターテーメント性の高いデジタルAV関連製品を厳選しています。
総合金賞、批評家大賞、審査員特別賞、技術賞、開発省、企画賞、各部門賞(ディスプレイ部門賞、プロジェクター・スクリーン部門賞、プレイヤー・レコーダー部門賞・・・)等の優秀モデルがわかります。

最新は、VGP 2018 Summerです。

HiVi(ハイヴィ)はオーディオ・ステレオ・映像系の専門誌です。
人気企画のベストバイグランプリ(グランプリ(1月ごろ)、HiViベストバイ夏(7月ごろ)、HiViベストバイ冬(12月ごろ))は、ディスプレイ、プロジェクター、ビデオプレイヤー、ビデオレコーダー、カメラ(レコーダー)、AVアンプ、サウンドシステムなどのオススメモデルがわかります。
これは、満足度パフォーマンスに優れた機種をAV評論家諸氏で厳選したものです。
最新は、HiViベストバイ2018夏です。

価格COMプロダクトアワードは、日々書き込まれているユーザーレビューをベースとして、その年に最も支持されたモデルがわかるアワードです。
価格COMのパソコン、家電、カメラといったそれぞれのカテゴリーで金賞、銀賞、銅賞が厳選され、その中からさらに大賞が審査されます。ユーザー目線で選ばれた満足いくモデルがわかります。
最新は、価格.com プロダクトアワード 2017です。

 

40M510Xの購入者レビュー

40M510Xをヤフーショッピング経由で購入した方のレビューです。

2018年08月29日★★★★★ (5.00)
HDMI2.0でパソコンにつなげる場合は、注意が必要です。テレビ側の設定で外部入力設定のHDMIの設定を高速設定にしてやらないと、4K60ヘルツになりません。
私はこれがわからなくて、少し苦労しました。
意味がわからない人は、スルーで大丈夫です。
あとテレビ的な性能はかなり良いです。コスパ最高でしょう。 (カホーオンラインショップで購入)

 

2018年08月04日★★★★★ (5.00)
非常に良いと評価しました (マルエーデンキ Yahoo!店で購入)

 

2018年07月19日★★★☆☆ (3.00)
テレビは問題ない。しかし、質疑応答の対応は大手電気屋とは思えないくらいの雑対応。 (Joshin webで購入)

 

2018年06月24日★★★★☆ (4.00)
迅速な対応ありがとうございました。東芝REGZAは画面がとても綺麗で、満足しています。 (高上屋で購入)

 

2018年06月12日★★★★★ (5.00)
非常に良いと評価しました (ディスクグループで購入)

 

2018年06月08日★★★★★ (5.00)
非常に良いと評価しました (総合通販PREMOAで購入)

 

2018年05月17日★★★★☆ (4.00)
古いテレビからの交換なので,画像が明るくきれい.4K放送ではきれいなのかな? (LifeStage Nana! Yahoo!店で購入)

 

2018年05月05日★★★★★ (5.00)
綺麗です。音も割といいです。
タイムシフトを使いたくて購入。大満足です。 (ヤマダ電機 Yahoo!店で購入)

 

2018年04月19日★★★★★ (5.00)
非常に良いと評価しました (GIGAで購入)

 

2018年04月16日★★★★☆ (4.00)
良いと評価しました (見てね価格で購入)

 

 

40M510Xのネット評判

 

40M510Xのレビュー記事

 

40M510Xの基本スペック

東芝 レグザ M510Xシリーズ 40インチ 40M510Xの基本スペックです。

もっと詳しいスペックを知りたい方は、M510Xシリーズの公式サイトを参考にしてください。
TOSHIBA REGZA M510X 40M510X

TOSHIBA REGZA M510X 40M510X
4K対応液晶テレビ 40M510X
2017モデル
メーカー東芝
ブランドレグザ
シリーズM510Xシリーズ
発売日2017年5月
4Kチューナ内蔵---
8Kチューナ内蔵---
地テジチューナ数●(トリプル/3)
BS/CSチューナ
画面サイズ40インチ
HDR●(HDR10、HLG)
ディスプレイタイプ液晶
LED種類エッジライトLED
高速液晶表示---
サイズ(幅x高さx奥行)
■本体
90.3cm x 55.1cm x 6.9cm
■スタンド込み
90.3cm x 57.6cm x 17.8cm
スタンド込み重量13.0kg
年間消費電力量81kWh
省エネ基準達成率185%
HDMI端子数4個
外付けHDD対応
Netflix対応
対応OS種類---
アプリ対応アプリ プリインストール

 

40M510Xの新旧スペック比較


40M510Xと40M500X(K)の違い

40M510Xと40M500X(K)の違いを価格、スペックで比較しています。

TOSHIBA REGZA M510X 40M510X
40M510X
TOSHIBA REGZA M500X 40M500X(K)
40M500X(K)
発売日2017年5月2016年6月
メーカー東芝東芝
平均価格100,499円80,000円
最安値85,870円 最安店はこちら 80,000円(売り切れ) 

 

販売店舗21
ブランドレグザレグザ
シリーズM510XシリーズM500Xシリーズ
JAN45478088084224547808806466
画面サイズ40インチ40インチ
パネル液晶液晶
Ultra HD Premium------
HDR●(HDR10、HLG)●(HDR10)
画素数3,840x2,1603,840x2,160
最適視聴距離約82cm約82cm
高速液晶表示------
4Kチューナ内蔵------
8Kチューナ内蔵------
地デジチューナ数●(トリプル/3)●(トリプル/3)
BS/CSチューナ
画面903mmx551mmx69mm903mmx551mmx69mm
スタンド込み903mmx576mmx178mm903mmx576mmx178mm
重量13.0kg13.0kg
年間消費電力量81kWh81kWh
省エネ基準達成率185%185%
HDMI端子数4.0個4.0個
外付けHDD録画
DLNA対応
アクトビラ4Kアクトビラ4Kアクトビラ
Netflix
アプリ対応アプリ プリインストールアプリ プリインストール
搭載OS------

40M510Xと43M520Xの違い

40M510Xと43M520Xの違いを価格、スペックで比較しています。

TOSHIBA REGZA M510X 40M510X
40M510X
TOSHIBA REGZA M520X 43M520X
43M520X
発売日2017年5月2018年6月
メーカー東芝東芝
平均価格100,499円97,552円
最安値85,870円 最安店はこちら 79,358円 最安店はこちら
販売店舗251
ブランドレグザレグザ
シリーズM510XシリーズM520Xシリーズ
JAN45478088084224547808810449
画面サイズ40インチ43インチ
パネル液晶液晶
Ultra HD Premium------
HDR●(HDR10、HLG)●(HDR10、HLG)
画素数3,840x2,1603,840x2,160
最適視聴距離約82cm約86cm
高速液晶表示------
4Kチューナ内蔵---●(シングル/1)
8Kチューナ内蔵------
地デジチューナ数●(トリプル/3)●(トリプル/3)
BS/CSチューナ
画面903mmx551mmx69mm967mmx575mmx73mm
スタンド込み903mmx576mmx178mm967mmx590mmx182mm
重量13.0kg13.5kg
年間消費電力量81kWh83kWh
省エネ基準達成率185%204%
HDMI端子数4.0個4.0個
外付けHDD録画
DLNA対応
アクトビラ4Kアクトビラ4Kアクトビラ
Netflix
アプリ対応アプリ プリインストールアプリ プリインストール
搭載OS------

 

40M510Xの競合は?

40M510Xは、HDR対応・VOD対応の4K対応液晶テレビです。新BS4K/CS4K衛星放送を受信するためには別途4Kチューナ(4Kチューナはこちら)が必要です。4Kチューナー内蔵テレビはこちらにまとめています。HDR10、HLG方式のHDRに対応しています。トリプルチューナでHDDダブル録画ができます。

40M510Xと同程度の横幅の4Kテレビを徹底比較!

40M510Xの幅・高さ・奥行は903.0mm・551.0mm・69.0mmです。

ほぼ同型の画面サイズで幅が同じ程度の4K製品を比較してみます。

メーカー等幅・高さ・奥行40M510Xとの差
40.0インチシャープLC-40U45901.0mm(幅)523.0mm(高さ)82.0mm(奥行)2mm狭い28mm低い13mm広い
40.0インチシャープ4T-C40AJ1901.0mm(幅)541.0mm(高さ)94.0mm(奥行)2mm狭い10mm低い25mm広い
40.0インチ東芝40M510XW903.0mm(幅)551.0mm(高さ)69.0mm(奥行)0mm0mm0mm
40.0インチ三菱電機LCD-A40RA1000903.0mm(幅)596.0mm(高さ)202.0mm(奥行)0mm45mm高い133mm広い
40.0インチ三菱電機LCD-A40XS1000903.0mm(幅)596.0mm(高さ)58.0mm(奥行)0mm45mm高い11mm狭い
43.0インチハイセンスジャパン43A6500961.0mm(幅)566.0mm(高さ)67.0mm(奥行)58mm広い15mm高い2mm狭い
43.0インチハイセンスジャパン43A6800961.0mm(幅)566.0mm(高さ)67.0mm(奥行)58mm広い15mm高い2mm狭い
43.0インチソニーKJ-43X8000E(B)964.0mm(幅)567.0mm(高さ)57.0mm(奥行)61mm広い16mm高い12mm狭い
43.0インチソニーKJ-43X8000E(S)964.0mm(幅)567.0mm(高さ)57.0mm(奥行)61mm広い16mm高い12mm狭い
43.0インチソニーKJ-43X8500FB965.0mm(幅)569.0mm(高さ)58.0mm(奥行)62mm広い18mm高い11mm狭い

発売から2年以内の4K対応テレビ、4Kテレビを比較対象にしています。

40M510Xより年間消費電力が優れている4K 40インチを徹底比較!

40M510Xの年間消費電力は81kWhです。

ほぼ同型の画面サイズで、より消費電力量が少ない製品を調べました。

メーカーが公表する年間消費電力量は、省エネ法に基づいて、一般家庭での1日の 平均視聴時間(4.5時間)を基準に算出した、1年間に使用する電力量と推測されます。

メーカー等年間消費電力量40M510Xと比べた省エネ度
43.0インチ日立コンシューマ・マーケティングL43-X566kWh年間390円お得です
40.0インチ東芝40M510XW81kWh年間0円お得です

kWhとは、1時間連続で使用した場合の消費電力量で「電力(W)×時間(h)」で計算されます。ここでは、1kWhあたりの単価を26円で年間の省エネ度を算出しています。

発売から2年以内の4K対応テレビ、4Kテレビを比較対象にしています。

40M510Xは40インチ、同サイズの4K 東芝製はコレです

40M510Xと同じメーカー(東芝)の同型サイズの製品を調べました。

40M510Xの発売日は、2017年5月です。

型番発売日平均価格
40.0インチ40M510XW2017年5月84,800円
43.0インチ43BM620X2018年6月109,495円
43.0インチ43M520X2018年6月95,690円
43.0インチ43C310X2017年4月28日110,425円

40M510Xより安い4K 40インチはコレ!

40M510Xのネット価格帯は、85,870円〜115,128円です。

他の4K製品で価格の安いものを比較してみます。

型番ネット価格帯40M510Xとの価格差
43.0インチHJ43N300041,800円〜85,104円-46,726円
43.0インチ43A610043,104円〜73,548円-51,991円
43.0インチHJ43N500054,530円〜54,530円-48,736円
43.0インチ43UK6500EJD59,800円〜59,800円-43,466円
43.0インチTV-43UF1062,800円〜106,380円-28,630円
40.0インチ4T-C40AJ166,869円〜123,905円-19,988円
40.0インチLC-40U4568,100円〜99,576円-22,981円
43.0インチ43UJ610069,800円〜69,800円-33,466円
43.0インチ43A650069,800円〜104,652円-26,343円
43.0インチTH-43EX60069,900円〜141,000円-7,821円

価格差は、平均価格で算出しています。

発売から2年以内の4K対応テレビ、4Kテレビを比較対象にしています。

 

40M510Xの最近の価格動向は?待ち?買い?

40M510Xの発売日は、2017年5月です。当モデルの4Kテレビ価格動向チェックは、2018年6月13日以前から実施しています。

楽天、ヤフーショッピングは、販売店ごとのデータを集計しています。アマゾンは、複数の販売店がしのぎを削っていますが、当サイトではアマゾンは1つの販売店として扱っています。

※グラフのポイントをタップすると詳細がポップアップします。 ※折れ線グラフは価格、バーグラフは店舗数を表しています。 ※凡例をタップすることで非表示、表示できます。

 

40M510Xの通販最安店をチェック

Amazon(2018年12月13日時点)、楽天市場(2018年12月13日時点)、Yahoo!ショッピング(2018年12月13日時点)、通販大手各ショップで販売中の40M510Xモデルの価格リストです。

正確な値になるように努力しています。最新価格や最新の在庫状況は、リンク先のショップで確認するようにお願いします。

  1. 115,128円ユープラン

    【代引不可】東芝 液晶テレビ REGZA 40M510X [40インチ ブラック]

    ドコモケータイ払い対応 auかんたん決済対応 ソフトバンクまとめて支払い対応

    【別途送料必要】

  2. 122,000円家電バンク Yahoo!店

    東芝  テレビ 40M510X

    ドコモケータイ払い対応 auかんたん決済対応 ソフトバンクまとめて支払い対応

    【別途送料必要】


 

40M510Xの純正アクセサリー


東芝純正サウンドバー

東芝純正サウンドバーは、視聴を邪魔しないスタイリッシュなデザインのRSS-AZ55です。総合出力80W(サテライトスピーカー用に20W+20W、ウーファー用に40W)のレグザサウンドシステムです。

RSS-AZ55は40M510Xのメインスピーカーとシンクロできます。よりパワフルでクリアなサウンド再生を実現します。

レグザ サウンドシステムの価格相場

26,380円〜
Yahoo!ショッピング

28,869円〜
Amazon
26,380円〜
楽天市場

表示価格は、それぞれAmazon(2018年12月13日13:23時点)、楽天市場(2018年12月13日12:33時点)、Yahoo!ショッピング(2018年12月13日13:12時点)です。収集のタイムラグがあるので最新価格、送料、ポイントはリンク先で確認するようお願いします。

レグザ純正HDD

40M510Xの東芝純正HDDは、V2シリーズ(THD-200V2THD-300V2)です。東芝パーソナルストレージのCANVIO PREMIUM(HD-MBシリーズ 1TB/2TB/3TB)、CANVIO CONNECT(HD-PFシリーズ 500GB/1TB/2TB/3TB)、CANVIO BASICS(HD-ACシリーズ 500GB/1TB/2TB/3TB)も対応モデルです。

V2シリーズは、タイムシフトマシンに対応したHDDです。全録レコーダ「レグザタイムシフトマシン」やレグザサーバーをご検討中の方はV2シリーズを選ぶメリットがあります。

東芝パーソナルストレージのCANVIOブランドHDDはPREMIUM、CONNECT、BASICS以外にDesktopがあります。Desktopは6TBの大容量モデル(HD-EHシリーズ)が選べるメリットがあります。東芝パーソナルストレージ対応状況(http://www.canvio.jp/compati/index_j.htm

THD-300V2 3TBモデル

純正HDD THD-300V2の価格相場

49,820円〜
Yahoo!ショッピング

表示価格は、2018/12/09 11:13の情報です。収集のタイムラグがあるので最新価格、送料、ポイントはリンク先で確認するようお願いします。

THD-200V2 2TBモデル

純正HDD THD-200V2の価格相場

24,183円〜
楽天市場

35,226円〜
Amazon
24,183円〜
楽天市場

表示価格は、それぞれAmazon(2018年12月13日12:43時点)、楽天市場(2018年12月13日14:13時点)、Yahoo!ショッピング(2018年12月13日13:53時点)です。収集のタイムラグがあるので最新価格、送料、ポイントはリンク先で確認するようお願いします。

東芝の純正壁掛け金具

40M510Xに対応した純正壁掛け金具は、FPT-TA11B、FPT-TA14Dです。重さは2.7kg。テレビボード等に設置予定の方にとって壁掛け金具は不要な商品です。調整可能な角度は〈レグザ〉オプション品 > 壁取付チルト金具で確認できます。

壁の種類や補強の可否によって工事費用は変動します。業者の工事方法と頼む際の相場が何となくわかります=>テレビ壁掛けショップ本店 (純正品以外の壁掛け金具を採用しています)

 

40M510Xに合いそうなオシャレなテレビスタンドは?

4K対応テレビは、もともと置いていたテレビ台に置く予定でしょうか?4K対応液晶テレビ、4K対応有機ELテレビをはじめ最近のテレビは薄いですよね。壁掛けに憧れます。壁掛けは、近未来っぽい雰囲気がいいですよね。ただテレビを支えるための器具を壁にねじ止め等する工事が必要ですし、やっぱり賃貸だと厳しいって諦めていませんか?こちらの工事不要で壁掛けに近い形にできる壁寄せテレビスタンドご存知でしょうか? 下のようなイメージです。前からみても、横から見ても、ビスやビス穴が見えません。工事は不要ですし、壁に寄せることで部屋が広く使えます、普通のテレビ台よりスッキリしているので掃除しやすそうって感じます。

(壁寄せテレビスタンド・ハイタイプの画像です。画像にあるブルーレイレコーダーが置けそうな棚板は、別売りです。)

こちらのスタンドは、最大60インチ、40Kgまでの重量のテレビを設置することができます。組み立て品なので届いたら軍手をした上でドライバーで組み立てる必要があります。組み立て自体は簡単ですが、テレビも、テレビスタンド自体の重量も比較的重めです。2人以上で作業した方が良さそうです。

デメリットもあります。例えば4K対応テレビ購入で標準設置してくれるサービスがありますよね。壁寄せスタンドの設置は、別途費用が発生する可能性が高いです(購入する前に購入店へ個別にお問い合わせしてください)・大きい板で柱を支えます、そのため足元にちょっとした段差がある板が存在して邪魔かもしれません。・テレビを支えるためため、スタンド自体も重い(約19kg)です。壁掛けと比べると工事不要、賃貸でも壁掛け風にテレビを設置できる、あとから設置場所を自由に変更できるメリットが魅力です。

高さ約75cm〜115cmまで調整可能なハイタイプ、高さ約48cm〜68cmまで調整可能なロータイプの2種類あります。

【ハイタイプ】高さ約75cm〜115cmまで調整可能 テレビフレームに合わせてサテンブラック、サテンホワイト、木目調(ウォールナット)、3つのカラーから選べます。 ハイタイプの重量は、約19kgあります。どっしりとした土台で最大40kgのテレビまで設置できます。40M510Xは、付属のスタンド込みの重量で約13kgです。) こちらの株式会社ナカムラ製WALLは、グッドデザイン賞を受賞しています。

こちらの楽天市場のショップ(インテリアバザー)に適合しているかを簡単に調べることができるツールがありました。

【ロータイプ】高さ約48cm〜68cmまで調整可能 テレビフレームに合わせてサテンブラック、サテンホワイト、木目調(ウォールナット)、3つのカラーから選べます。 ロータイプの重量は、約13kg、ハイタイプより軽いです。どっしりとした土台で最大40kgのテレビまで設置できます。40M510Xは、付属のスタンド込みの重量で約13kgです。) こちらの株式会社ナカムラ製WALLは、グッドデザイン賞を受賞しています。

こちらの楽天市場のショップ(インテリアバザー)に適合しているかを簡単に調べることができるツールがありました。

もう一つ、賃貸でも4Kテレビを壁掛けできるナイスアイデアのテレビ壁掛け金具セットのWOODYをご紹介します。部屋に新たな柱(2x4材)を追加し、4Kテレビを設置することができます。壁に穴を開ける代わりに2x4材に穴を開ける方式ナイスアイデアだと思います。
天井や床を傷つけないつっぱり機構で耐震OK、部屋のサイズに合わせた2x4材、テレビ壁掛け金具の3点セットです。取り付け可能なの?適合する金具は選べるの?などは↓の画像をクリックした先(楽天市場 エースオブパーツ)で調べることができます。

TOSHIBA REGZA M510X 40M510Xのまとめ

いかかがでしたでしょうか。ここまで『TOSHIBA REGZA M510X 40M510X』として、

  • 40M510Xの魅力とは
  • 40M510Xの気をつけたいポイント
  • 40M510Xの評判は?
  • 40M510Xが受賞した権威ある賞
  • 40M510Xの購入者レビュー
  • 40M510Xのネット評判
  • 40M510Xのレビュー記事
  • 40M510Xの基本スペック
  • 40M510Xの新旧スペック比較
  • 40M510Xと40M500X(K)の違い
  • 40M510Xと43M520Xの違い
  • 40M510Xの競合は?
  • 40M510Xと同程度の横幅の4Kテレビを徹底比較!
  • 40M510Xより年間消費電力が優れている4K 40インチを徹底比較!
  • 40M510Xは40インチ、同サイズの4K 東芝製はコレです
  • 40M510Xより安い4K 40インチはコレ!
  • 40M510Xの最近の価格動向は?待ち?買い?
  • 40M510Xの通販最安店をチェック

をご紹介してきました。

 


レグザシリーズのまとめ

レグザシリーズへリンクしています。リンク先で最安価格などがわかります。

2018年 有機EL モデル

ハイエンド有機ELテレビ X920シリーズ 65インチ 55インチ

2018年 液晶モデル

ハイエンド4K液晶テレビ Z720Xシリーズ 55インチ 49インチ
低音スピーカー搭載 BM620Xシリーズ 55インチ 50インチ 43インチ
スタンダード M520Xシリーズ 65インチ 55インチ 50インチ 43インチ

2017年 有機EL モデル

X910シリーズ 65インチ 55インチ

2017年モデル

“美肌”高画質 Z810Xシリーズ 65インチ 58インチ 50インチ
バズーカ BZ710Xシリーズ 55インチ 49インチ
フロントスピーカー M510Xシリーズ 58インチ 50インチ
40インチ ホワイト ブラック
高画質シンプル C310Xシリーズ 49インチ 43インチ

2016年モデル

タイムマシン対応 Z700Xシリーズ 55インチ 49インチ 43インチ
高画質 M500Xシリーズ 58インチ 50インチ
40インチ ホワイト ブラック


新製品

ここでは近々発売される新モデル、最近発売された新モデルがわかります。
リンク先は当サイト内のページです。スペック、競合や最新価格がわかります。

シャープ 12月22日リリース

4Kダブルチューナー内蔵 AL1ライン 45インチ

ハイセンス 12月初旬リリース

4Kチューナー内蔵 A6800 50インチ 43インチ

シャープ 11月17日リリース

AQUOS史上最高画質 8Kチューナ内蔵 AX1ライン 80インチ 70インチ 60インチ
AQUOS史上最高画質 AW1ライン 60インチ
4Kダブルチューナー内蔵 ハイグレード AN1ライン 60インチ 50インチ

三菱電機 10月18日リリース

4Kチューナー内蔵 Bluray内蔵 RA1000シリーズ 58インチ 50インチ 40インチ
XS1000シリーズ 58インチ 50インチ 40インチ

ソニー 10月13日リリース

有機EL A9Fシリーズ 65インチ 55インチ
Z9Fシリーズ 75インチ 65インチ

東芝 8月下旬リリース

4Kチューナー内蔵 Z720Xシリーズ 55インチ 49インチ

シャープ 8月下旬リリース

AM1ライン 60インチ 50インチ

ハイセンス 8月、9月リリース

A6500 55インチ 50インチ 43インチ
A6100 55インチ 50インチ 43インチ

東芝 7月下旬リリース

4Kチューナー内蔵 有機EL X920シリーズ 65インチ 55インチ

ハイセンス 7月中旬リリース

A6500 65インチ

LG 6月下旬リリース

UK6500Eシリーズ 65インチ 55インチ 43インチ

東芝 6月下旬リリース

4Kチューナー内蔵 バズーカBM620Xシリーズ 55インチ 50インチ 43インチ

シャープ 6月下旬リリース

AM1ライン 43インチ

ソニー 6月23日リリース

ベーシックX7500Fシリーズ 55インチ 49インチ

東芝 6月中旬リリース

4Kチューナー内蔵 M520Xシリーズ 65インチ 55インチ

LG 有機EL 6月中旬リリース

C8Pシリーズ 77インチ
B8Pシリーズ 65インチ 55インチ

シャープ 6月16日リリース

AJ1ライン(スタンダードモデル) 40インチ

LG 6月中旬リリース

SK8000Pシリーズ 75インチ

パナソニック 6月上旬リリース

FX780シリーズ 65インチ

ソニー 有機EL 6月9日リリース

A8Fシリーズ 65インチ 55インチ

ソニー 6月9日リリース

X9000Fシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ
高画質4K液晶テレビ X8500Fシリーズ 85インチ 75インチ 65インチ 55インチ 49インチ(B) 49インチ(S) 43インチ(B) 43インチ(S)

パナソニック 有機EL 6月8日リリース

FZ1000シリーズ 65インチ 55インチ
FZ950シリーズ 65インチ 55インチ

東芝 6月6日リリース

M520Xシリーズ 50インチ 43インチ

そろそろ底値?2017年モデル

2018年モデルが続々リリースされています。新モデル発売で旧2017年上位モデルもご予算にマッチする価格帯になっているものがあります。ここでは2017年の上位モデルをまとめています。在庫が豊富にあるうちにチェックして見てください。
リンク先は当サイト内のページです。スペック、競合や最新価格がわかります。

ソニー2017年上位モデル

高画質&高音質4K液晶モデル X9500Eシリーズ 65インチ 55インチ
高画質4K液晶モデル X9000Eシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ

シャープ2017年上位モデル

AQUOS 4K フラッグシップ UH5ライン 60インチ 55インチ
AQUOS 4K ハイグレード US5ライン 60インチ 55インチ 50インチ
AQUOS 4K ハイグレード US45ライン 60インチ 55インチ 50インチ 45インチ

東芝2017年上位モデル

“美肌”高画質 Z810Xシリーズ 65インチ 58インチ 50インチ
バズーカ BZ710Xシリーズ 55インチ 49インチ

パナソニック2017年上位モデル

ハイスペック4Kモデル EX850シリーズ 60インチ 55インチ 49インチ
デザイン4Kモデル EX780シリーズ 65インチ

LG2017年上位モデル

プレミアム4Kモデル SJ8500シリーズ 65インチ 60インチ 55インチ
高品位な4K大画面モデル SJ8000シリーズ 55インチ 49インチ


人気の4K!アクセスランキング

直近1ヶ月の人気4Kテレビです。アクセスが多い順に並んでいます。人気4Kモデルはこちらです

50M520X 2018年モデル 【HDR対応】
43UK6500EJD 2018年モデル 【HDR対応】
49Z720X 2018年モデル 【HDR対応】
4T-C50AJ1 2018年モデル 【HDR対応】
55Z720X 2018年モデル 【HDR対応】

4Kテレビ シリーズ/ライン アクセスランキング

直近1ヶ月の人気4Kテレビです。アクセスが多い順に並んでいます。アクセス数が多い4Kテレビのシリーズがわかります


4Kテレビ ディスプレイサイズ アクセスランキング

直近1ヶ月の人気4Kテレビです。アクセスが多い順に並んでいます。アクセス数が多い4Kテレビのディスプレイサイズがわかります

 - レグザ , ,