4Kテレビが欲しい 動向をチェック 大画面・高画質の次世代テレビ「4K」

4Kテレビが欲しいと思い始めました。店頭で決める前にAmazon、楽天、Yahooでの価格、製品の特徴などを店員さんに依存しないで確認したい

TOSHIBA REGZA M500X 40M500X(K)

   

40M500X(K)の競合は?、価格は?を掘り下げていきます。

40M500X(K)と同程度のサイズで競合する製品や、消費電力が優れている製品、インチサイズが同程度の競合する製品など視点で競合を調べています。

また、日々蓄積している価格情報から長期的な価格推移の確認や、本日の最安値店が確認できます。


40M500X(K)

美しさを体感するためのカタチ。高画質4Kレグザ

40M500X(K)の魅力

 

40M500X(K)の魅力を列挙!

  • 映像エンジン:4KレグザエンジンHDR
  • 暗部と明部の質感を正確に再現し、立体感の表現を向上するインテリジェント質感リアライザー
  • 残像の少ないクッキリとした映像を再現する4Kダイレクトモーション120
  • 「フィルムデジャダー機能」で映画やアニメなどの低フレームレートの映像をなめらかに
  • いつも見ている地上/BS/110度CSデジタル放送・
    ブルーレイソフトなどの映像も4K解像度の緻密な映像で再現4Kマスターリファイン搭載
  • HDMI接続時のHDR信号(Ultra HD Blu-rayのHDR信号)入力に対応
  • レグザダイレクトオーディオシステム:クリアダイレクトスピーカーとイコライザーによる繊細で豊かな音質表現
  • USBハードディスク録画対応(最大6TB)
  • 「BSも地デジも3チューナーW録」対応だから、番組を見ながら別の2番組を同時に録画可能
  • タイムシフトリンク対応
  • レグザリンク対応
  • レグザリンク・シェア-録画番組配信/視聴対応-
  • 録画番組をブルーレイディスクにダビング
  • 対応のUSBハードディスクやSDメモリカードに録画した番組を、別の対応機器でも楽しめるSeeQVault対応

40M500X(K)の気をつけたいポイント

4Kチューナーは内蔵されていません。

40M500X(K)の評判は?

HiVi、VGP、価格COMプロダクトアワードから40M500X(K)の評判・評価を調べています。

40M500X(K)の受賞履歴は以下の通りです。

VGP 2017

ディスプレイ部門
受賞

(4Kテレビ45型未満)

VGP 2016 Summer

ディスプレイ部門
4Kテレビ45型未満
受賞
 

VGPは、オーディオビジュアルアワードで、夏(6月ごろ発表)と年間(11月ごろ発表)の2つのアワードがあります。
著名な審査員が優れた性能・優れた技術・優れたコンセプトを実現した国内販売されているホームエンターテーメント性の高いデジタルAV関連製品を厳選しています。
総合金賞、批評家大賞、審査員特別賞、技術賞、開発省、企画賞、各部門賞(ディスプレイ部門賞、プロジェクター・スクリーン部門賞、プレイヤー・レコーダー部門賞・・・)等の優秀モデルがわかります。

最新は、VGP 2018です。

HiVi(ハイヴィ)はオーディオ・ステレオ・映像系の専門誌です。
人気企画のベストバイグランプリ(グランプリ(1月ごろ)、HiViベストバイ夏(7月ごろ)、HiViベストバイ冬(12月ごろ))は、ディスプレイ、プロジェクター、ビデオプレイヤー、ビデオレコーダー、カメラ(レコーダー)、AVアンプ、サウンドシステムなどのオススメモデルがわかります。
これは、満足度パフォーマンスに優れた機種をAV評論家諸氏で厳選したものです。
最新は、HiViベストバイ2017冬です。

価格COMプロダクトアワードは、日々書き込まれているユーザーレビューをベースとして、その年に最も支持されたモデルがわかるアワードです。
価格COMのパソコン、家電、カメラといったそれぞれのカテゴリーで金賞、銀賞、銅賞が厳選され、その中からさらに大賞が審査されます。ユーザー目線で選ばれた満足いくモデルがわかります。
最新は、価格.com プロダクトアワード 2017です。

40M500X(K)の競合は?

40M500X(K)と画面サイズが40.0インチ前後で横幅が同程度の4K

40M500X(K)の幅・高さ・奥行は903.0mm・551.0mm・69.0mmです。

ほぼ同型の画面サイズで幅が同じ程度の4K製品を比較してみます。

メーカー等幅・高さ・奥行40M500X(K)との差
40.0インチシャープLC-40U20901.0mm(幅)523.0mm(高さ)82.0mm(奥行)2mm狭い28mm低い13mm広い
40.0インチシャープLC-40U30901.0mm(幅)523.0mm(高さ)82.0mm(奥行)2mm狭い28mm低い13mm広い
40.0インチシャープLC-40U40901.0mm(幅)523.0mm(高さ)82.0mm(奥行)2mm狭い28mm低い13mm広い
40.0インチシャープLC-40U45901.0mm(幅)523.0mm(高さ)82.0mm(奥行)2mm狭い28mm低い13mm広い
40.0インチ東芝40M500X(W)903.0mm(幅)551.0mm(高さ)69.0mm(奥行)0mm0mm0mm
40.0インチ三菱電機LCD-A40RA1000903.0mm(幅)596.0mm(高さ)202.0mm(奥行)0mm45mm高い133mm広い
40.0インチ三菱電機LCD-A40XS1000903.0mm(幅)596.0mm(高さ)58.0mm(奥行)0mm45mm高い11mm狭い
40.0インチパナソニックTH-40CX700904.0mm(幅)518.0mm(高さ)63.0mm(奥行)1mm広い33mm低い6mm狭い
40.0インチパナソニックTH-40DX600904.0mm(幅)518.0mm(高さ)63.0mm(奥行)1mm広い33mm低い6mm狭い
40.0インチ東芝40J9X918.0mm(幅)550.0mm(高さ)67.0mm(奥行)15mm広い1mm低い2mm狭い

40M500X(K)と画面サイズが40.0インチ前後で年間消費電力が優れている4K

40M500X(K)の年間消費電力は81kWhです。

ほぼ同型の画面サイズで、より消費電力量が少ない製品を調べました。

メーカーが公表する年間消費電力量は、省エネ法に基づいて、一般家庭での1日の 平均視聴時間(4.5時間)を基準に算出した、1年間に使用する電力量と推測されます。

メーカー等年間消費電力量40M500X(K)と比べた省エネ度
40.0インチシャープLC-40U30100kWh年間361円損します。
40.0インチパナソニックTH-40AX700106kWh年間475円損します。
40.0インチパナソニックTH-40CX700106kWh年間475円損します。
40.0インチ三菱電機LCD-A40RA1000116kWh年間665円損します。
40.0インチシャープLC-40U20127kWh年間874円損します。
40.0インチ東芝40J9X150kWh年間1,311円損します。

kWhとは、1時間連続で使用した場合の消費電力量で「電力(W)×時間(h)」で計算されます。

ここでは、1kWhあたりの単価を19円で年間の省エネ度を算出しています。

40M500X(K)と画面サイズが40.0インチ前後の東芝製 4K

40M500X(K)と同じメーカー(東芝)の同型サイズの製品を調べました。

40M500X(K)の発売日は、2016年6月です。

型番発売日平均価格
40.0インチ40J9X2014年6月11日95,300円
40.0インチ40M500X(W)2016年6月89,800円

40M500X(K)と画面サイズが40.0インチ前後でコストパフォーマンスが優れいている4K

40M500X(K)のネット価格帯は、73,085円〜73,085円です。

他の4K製品で価格の安いものを比較してみます。

型番ネット価格帯40M500X(K)との価格差
40.0インチLC-40U4569,000円〜96,228円5,729円

価格差は、平均価格で算出しています。

40M500X(K)の最近の価格動向は?待ち?買い?

グラフから価格推移を確認します。

※グラフのポイントをタップすると詳細がポップアップします。 ※折れ線グラフは価格、バーグラフは店舗数を表しています。 ※凡例をタップすることで非表示、表示できます。

40M500X(K)の最安店はココ

Amazon/楽天市場/Yahoo!ショッピングの価格一覧です。

40M500X(K):基本情報

TOSHIBA REGZA M500X 40M500X(K)
メーカー東芝
型番40M500X(K)
発売日2016年6月
画面サイズ40.0インチ
ハイビジョン対応FULL HD
地上波デジタルチューナ有無数3
BS/CSチューナ有無BS/110°CSデジタル兼用チューナ
画素数(横) 
画素数(縦)2,160ピクセル
本体横幅903.0mm
本体高さ551.0mm
本体奥行69.0mm
年間消費電力量81kWh
省エネ基準達成率185%
ECHONET Lite 
3D---
LEDバックライト
高速液晶表示60ヘルツ
D端子種類 
画面分割対応 
イーサネット端子有無
メモリカード対応種類---
入力端子種類 
HDD記憶容量---
防水保護機能種類---
スピーカ位置 
アクトビラ対応種類4Kアクトビラ
対応OS種類---
ディスプレイタイプLCD(液晶)
HDMI端子数4.0個
DLNA対応
外付けHDD対応外付けHDD対応有
LED種類エッジライトLED
アプリ対応アプリ プリインストール
Netflix対応

 

フレッツ光回線(ネクスト、プレミアム)契約中なら、ひかりTVを検討してみてはいかがでしょうか。

今なら、基本料2ヶ月無料、さらに22ヶ月間で合計2万2千円割引のキャンペーン中です。この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

 

>>>ひかりTVの2ねん割のプランを見てみる<<<

 

チューナーが必要なら、2ねん割契約で、最新機種4K対応トリプルチューナー(ST-3400)が最大2ヶ月無料です。

4K放送を受信するためには、ST-3400が届いた後、別途4KひかりTV対応を申し込む必要があります。この際、税込4,860円の費用が発生します。

ちなみに、このモデルは、ひかりTV、4K ひかり TV対応モデルです。ひかりTVチューナーは内蔵されています。チューナーをレンタル・購入しなくても視聴することができます。


レグザシリーズのまとめ

シリーズ毎にまとめています。クリックで最安価格などがわかります。

2018年 有機EL モデル

ハイエンド有機ELテレビ X920シリーズ 65インチ 55インチ

2018年 液晶モデル

ハイエンド4K液晶テレビ Z720Xシリーズ 55インチ 49インチ
低音スピーカー搭載 BM620Xシリーズ 55インチ 50インチ 43インチ
スタンダード M520Xシリーズ 65インチ 55インチ 50インチ 43インチ

2017年 有機EL モデル

X910シリーズ 65インチ 55インチ

2017年モデル

“美肌”高画質 Z810Xシリーズ 65インチ 58インチ 50インチ
バズーカ BZ710Xシリーズ 55インチ 49インチ
フロントスピーカー M510Xシリーズ 58インチ 50インチ
40インチ ホワイト ブラック
高画質シンプル C310Xシリーズ 49インチ 43インチ

2016年モデル

タイムマシン対応 Z700Xシリーズ 55インチ 49インチ 43インチ
高画質 M500Xシリーズ 58インチ 50インチ
40インチ ホワイト ブラック


新製品

ここでは近々発売される新モデル、最近発売された新モデルがわかります。
リンク先は当サイト内のページです。スペック、競合や最新価格がわかります。

三菱電機 10月18日リリース

Bluray内蔵 RA1000シリーズ 58インチ 50インチ 40インチ
XS1000シリーズ 58インチ 50インチ 40インチ

ソニー 10月13日リリース

有機EL A9Fシリーズ 65インチ 55インチ
Z9Fシリーズ 75インチ 65インチ

東芝 8月下旬リリース

Z720Xシリーズ 55インチ 49インチ

シャープ 8月下旬リリース

AM1ライン 60インチ 50インチ

ハイセンス 8月、9月リリース

A6500 55インチ 50インチ 43インチ
A6100 55インチ 50インチ 43インチ

東芝 7月下旬リリース

有機EL X920シリーズ 65インチ 55インチ

ハイセンス 7月中旬リリース

A6500 65インチ

LG 6月下旬リリース

UK6500Eシリーズ 65インチ 55インチ 43インチ

東芝 6月下旬リリース

バズーカBM620Xシリーズ 55インチ 50インチ 43インチ

シャープ 6月下旬リリース

AM1ライン 43インチ

ソニー 6月23日リリース

ベーシックX7500Fシリーズ 55インチ 49インチ

東芝 6月中旬リリース

M520Xシリーズ 65インチ 55インチ

LG 有機EL 6月中旬リリース

C8Pシリーズ 77インチ
B8Pシリーズ 65インチ 55インチ

シャープ 6月16日リリース

AJ1ライン(スタンダードモデル) 40インチ

LG 6月中旬リリース

SK8000Pシリーズ 75インチ

パナソニック 6月上旬リリース

FX780シリーズ 65インチ

ソニー 有機EL 6月9日リリース

A8Fシリーズ 65インチ 55インチ

ソニー 6月9日リリース

X9000Fシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ
高画質4K液晶テレビ X8500Fシリーズ 85インチ 75インチ 65インチ 55インチ 49インチ(B) 49インチ(S) 43インチ(B) 43インチ(S)

パナソニック 有機EL 6月8日リリース

FZ1000シリーズ 65インチ 55インチ
FZ950シリーズ 65インチ 55インチ

東芝 6月6日リリース

M520Xシリーズ 50インチ 43インチ

そろそろ底値?2017年モデル

2018年モデルが続々リリースされています。新モデル発売で旧2017年上位モデルもご予算にマッチする価格帯になっているものがあります。ここでは2017年の上位モデルをまとめています。在庫が豊富にあるうちにチェックして見てください。
リンク先は当サイト内のページです。スペック、競合や最新価格がわかります。

ソニー2017年上位モデル

高画質&高音質4K液晶モデル X9500Eシリーズ 65インチ 55インチ
高画質4K液晶モデル X9000Eシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ

シャープ2017年上位モデル

AQUOS 4K フラッグシップ UH5ライン 60インチ 55インチ
AQUOS 4K ハイグレード US5ライン 60インチ 55インチ 50インチ
AQUOS 4K ハイグレード US45ライン 60インチ 55インチ 50インチ 45インチ

東芝2017年上位モデル

“美肌”高画質 Z810Xシリーズ 65インチ 58インチ 50インチ
バズーカ BZ710Xシリーズ 55インチ 49インチ

パナソニック2017年上位モデル

ハイスペック4Kモデル EX850シリーズ 60インチ 55インチ 49インチ
デザイン4Kモデル EX780シリーズ 65インチ

LG2017年上位モデル

プレミアム4Kモデル SJ8500シリーズ 65インチ 60インチ 55インチ
高品位な4K大画面モデル SJ8000シリーズ 55インチ 49インチ


人気の4K!アクセスランキング

直近1ヶ月の人気4Kテレビです。アクセスが多い順に並んでいます。人気4Kモデルはこちらです

50M520X 2018年モデル 【HDR対応】
4T-C50AJ1 2018年モデル 【HDR対応】
65M520X 2018年モデル 【HDR対応】
TH-55EX850 2017年モデル 【HDR対応】
49Z720X 2018年モデル 【HDR対応】

4Kテレビ シリーズ/ライン アクセスランキング

直近1ヶ月の人気4Kテレビです。アクセスが多い順に並んでいます。アクセス数が多い4Kテレビのシリーズがわかります


4Kテレビ ディスプレイサイズ アクセスランキング

直近1ヶ月の人気4Kテレビです。アクセスが多い順に並んでいます。アクセス数が多い4Kテレビのディスプレイサイズがわかります

 - レグザ , , , , , , , , ,