4Kテレビが欲しい 動向をチェック 大画面・高画質の次世代テレビ「4K」

4Kテレビが欲しいと思い始めました。店頭で決める前にAmazon、楽天、Yahooでの価格、製品の特徴などを店員さんに依存しないで確認したい

LG SJ8000 55SJ8000

   





55SJ8000

55SJ8000は、2017年4月発売のLG Electronics JapanのSJ8000シリーズ 55インチです。

  • 55SJ8000の魅力は?
  • 55SJ8000の気をつけたいポイントは何?
  • 55SJ8000の評判は?
  • 55SJ8000の競合は?
  • 55SJ8000の最近の価格動向は?待ち?買い?
  • 55SJ8000をネットで購入するとどのくらい?
  • 55SJ8000の基本スペックは?

がわかります。

55SJ8000の競合は、同程度のサイズで競合する製品や、消費電力が優れている製品、インチサイズが同程度の競合する製品など複数の視点で掘り下げていきます。

55SJ8000の価格は、日々蓄積している価格情報から長期的な価格推移の確認や、本日の最安値店が確認できます。

 

 

掘り下げる前に、55SJ8000がサクッとわかる情報です。

55SJ8000がサクッとわかる情報

LG SJ8000 55SJ8000

極上の映像、迫真の音響。テレビ体験をひときわ奥深くする高品位な4K大画面モデル。

 

メーカー
LG Electronics Japan
シリーズ
SJ8000シリーズ
画面サイズ
55.0インチ
最適視聴距離
約1m7cm〜
価格動向
LG SJ8000 55SJ8000
最安値
170,000円
平均価格
158,000円(1店舗)
公式サイト
LG SJ8000 55SJ8000
最安店で最新の価格を確認して見る

 

通販サイトごとの最安値はこちらから確認できます

  • 55SJ8000の在庫のある最安ショップは、Yahoo!ショッピングです。
  • Amazonボタンのリンク先は、Amazonの55SJ8000のページです。カスタマーレビュー、配送料が確認できます。また「新品の出品」リンクから商品価格+配送料、販売店の情報を確認することができます。
  • 楽天市場ボタンのリンク先は、楽天市場で55SJ8000を販売しているショップがまとまっているページです。最安値ショップの他、レビュー、獲得できる楽天スーパーポイントを確認できます。
  • Yahooボタンのリンク先は、Yahoo!ショッピングで55SJ8000を販売しているストアがまとまっているページです。最安値ストア、購入者のレビューが確認できます。またストアごとの在庫状況、送料、価格、獲得できるTポイントを一覧で確認できます。

ここから4K対応テレビがお得に購入できる通販サイトのキャンペーンやセール情報を掲載しています。通常より多いポイントで実質負担額を下げてお得になる情報、今の底値を更新するお得な情報をご紹介しています。興味のない方はこちらをクリックしてください。目次へ移動できます。

 

【Amazon】サマークーポン テレビ・オーディオ・情報家電|クーポンで5%OFF以上
開催期間:8/17(金)23:59まで
数量限定クーポンで、4K対応テレビ、4Kテレビ、パソコン、家電、文房具、カメラ関連、スマホ関連など最大50%OFFで購入できるキャンペーン開催中です。
30%OFF以上、20%OFF以上、10%OFF以上、5%OFF以上のクーポンがあります。プライム会員限定クーポンもあります。
サマークーポンはこちらです。=>Amazon(サマークーポン)
プライム会員限定クーポン=>Amazon
シャープ アクオス 2018年モデルのAJ1シリーズの割引クーポンがありました。プライム会員でログインした状態で表示されます。

4Kテレビ、4K対応テレビはこちらです=>テレビ・オーディオ・情報家電 : 家電&カメラ : テレビ・レコーダー : Amazon.co.jp : 新品
LG 2018年 Amazon限定販売モデル 43インチ(43UK6500EJD)、55インチ(55UK6500EJD)やハイセンス 2017年モデル 43インチ(HJ43N5000)、50インチ(HJ50N5000、HJ50N3000)、55インチ(HJ55N5000)などの10%オフクーポンがありました。

 

目次

 

55SJ8000の魅力とは


55SJ8000の魅力を列挙!

  • LG IPSパネルのハイエンドシリーズ
  • ドルビービジョン対応
  • 自然素材の質感なども実際に手に取るようにイキイキと伝わる画期的な「Tru Nano Display」採用
  • 1コンテンツに1メタデータの「HDR10」の場合も1フレームごとに、あるがままの明るさ、色を再現する最新技術「Active HDR」搭載
  • 広大な色域規格「BT.2020」をカバー
  • 臨場感に満ちた迫真のサウンド「harman/kardon」スピーカー(フルレンジ×2)
  • 画面を直接指さすような直感的な操作感のマジックリモコン
  • Hybrid Log Gamma(HLG)対応予定

 

55SJ8000の気をつけたいポイント

4K放送を受信するためには、別途チューナが必要です。

 

55SJ8000の評判は?

 

55SJ8000が受賞した権威ある賞

HiVi、VGP、価格COMプロダクトアワードから55SJ8000の評判・評価を調べています。

55SJ8000の受賞履歴は見つからなかったです。

 

 

VGPは、オーディオビジュアルアワードで、夏(6月ごろ発表)と年間(11月ごろ発表)の2つのアワードがあります。
著名な審査員が優れた性能・優れた技術・優れたコンセプトを実現した国内販売されているホームエンターテーメント性の高いデジタルAV関連製品を厳選しています。
総合金賞、批評家大賞、審査員特別賞、技術賞、開発省、企画賞、各部門賞(ディスプレイ部門賞、プロジェクター・スクリーン部門賞、プレイヤー・レコーダー部門賞・・・)等の優秀モデルがわかります。

最新は、VGP 2018です。

HiVi(ハイヴィ)はオーディオ・ステレオ・映像系の専門誌です。
人気企画のベストバイグランプリ(グランプリ(1月ごろ)、HiViベストバイ夏(7月ごろ)、HiViベストバイ冬(12月ごろ))は、ディスプレイ、プロジェクター、ビデオプレイヤー、ビデオレコーダー、カメラ(レコーダー)、AVアンプ、サウンドシステムなどのオススメモデルがわかります。
これは、満足度パフォーマンスに優れた機種をAV評論家諸氏で厳選したものです。
最新は、HiViベストバイ2017冬です。

価格COMプロダクトアワードは、日々書き込まれているユーザーレビューをベースとして、その年に最も支持されたモデルがわかるアワードです。
価格COMのパソコン、家電、カメラといったそれぞれのカテゴリーで金賞、銀賞、銅賞が厳選され、その中からさらに大賞が審査されます。ユーザー目線で選ばれた満足いくモデルがわかります。
最新は、価格.com プロダクトアワード 2017です。

 

 

 

 

55SJ8000の基本スペック

LG Electronics Japan Smart TV SJ8000シリーズ 55インチ 55SJ8000の基本スペックです。

もっと詳しいスペックを知りたい方は、SJ8000シリーズの公式サイトを参考にしてください。
LG SJ8000 55SJ8000

LG SJ8000 55SJ8000
メーカーLG Electronics Japan
ブランドSmart TV
シリーズSJ8000シリーズ
画面サイズ55.0インチ
発売日2017年4月
本体横幅1,236.0mm
本体高さ718.0mm
本体奥行62.0mm
スタンド込み横幅1,236.0mm
スタンド込み高さ774.0mm
スタンド込み奥行247.0mm
スタンド込み重量16.7kg
ディスプレイタイプLCD(液晶)
LED種類エッジライトLED
ハイビジョン対応FULL HD
高速液晶表示120ヘルツ
BS/CSチューナ有無BS/110°CSデジタル兼用チューナ
画面分割対応
地上波デジタルチューナ有無数2
HDMI端子数4.0個
年間消費電力量105kWh
省エネ基準達成率251%
HDD記憶容量---
外付けHDD対応外付けHDD対応有
DLNA対応
3D---
対応OS種類WEBOS
Netflix対応
YOU TUBE
アクトビラ対応種類---
アプリ対応アプリ ダウンロード

 



 

55SJ8000の競合は?

55SJ8000と同程度の横幅の4Kテレビを徹底比較!

55SJ8000の幅・高さ・奥行は1,236.0mm・718.0mm・62.0mmです。

ほぼ同型の画面サイズで幅が同じ程度の4K製品を比較してみます。

メーカー等幅・高さ・奥行55SJ8000との差
52.0インチシャープLC-52US201,178.0mm(幅)690.0mm(高さ)69.0mm(奥行)58mm狭い28mm低い7mm広い
55.0インチ東芝55X9201,226.0mm(幅)696.0mm(高さ)68.0mm(奥行)10mm狭い22mm低い6mm広い
52.0インチシャープLC-52US301,181.0mm(幅)701.0mm(高さ)69.0mm(奥行)55mm狭い17mm低い7mm広い
55.0インチ東芝55X9101,229.0mm(幅)704.0mm(高さ)58.0mm(奥行)7mm狭い14mm低い4mm狭い
55.0インチソニーKJ-55X9000F1,228.0mm(幅)706.0mm(高さ)69.0mm(奥行)8mm狭い12mm低い7mm広い
55.0インチソニーKJ-55X9000E1,228.0mm(幅)707.0mm(高さ)60.0mm(奥行)8mm狭い11mm低い2mm狭い
55.0インチLG Electronics JapanOLED55B8PJA1,228.0mm(幅)707.0mm(高さ)47.0mm(奥行)8mm狭い11mm低い15mm狭い
55.0インチLG Electronics JapanOLED55C8PJA1,228.0mm(幅)707.0mm(高さ)47.0mm(奥行)8mm狭い11mm低い15mm狭い
55.0インチLG Electronics JapanOLED55B8SJB1,228.0mm(幅)707.0mm(高さ)47.0mm(奥行)8mm狭い11mm低い15mm狭い
55.0インチLG Electronics JapanOLED55B7P1,229.0mm(幅)708.0mm(高さ)49.0mm(奥行)7mm狭い10mm低い13mm狭い

55SJ8000より年間消費電力が優れている4K 55インチを徹底比較!

55SJ8000の年間消費電力は105kWhです。

ほぼ同型の画面サイズで、より消費電力量が少ない製品を調べました。

メーカーが公表する年間消費電力量は、省エネ法に基づいて、一般家庭での1日の 平均視聴時間(4.5時間)を基準に算出した、1年間に使用する電力量と推測されます。

メーカー等年間消費電力量55SJ8000と比べた省エネ度
55.0インチ東芝55G20X99kWh年間114円お得です
55.0インチ東芝55M520X99kWh年間114円お得です
55.0インチ東芝55BM620X101kWh年間76円お得です
55.0インチLG Electronics Japan55UH6500102kWh年間57円お得です
55.0インチLG Electronics Japan55UF8500105kWh年間0円お得です

kWhとは、1時間連続で使用した場合の消費電力量で「電力(W)×時間(h)」で計算されます。

ここでは、1kWhあたりの単価を19円で年間の省エネ度を算出しています。

55SJ8000は55インチ、同サイズの4K LG Electronics Japan製はコレです

55SJ8000と同じメーカー(LG Electronics Japan)の同型サイズの製品を調べました。

55SJ8000の発売日は、2017年4月です。

型番発売日平均価格
55.0インチOLED55B8SJB2018年7月224,943円
55.0インチ55UK6500EJD2018年6月28日90,809円
55.0インチOLED55B8PJA2018年6月212,362円
55.0インチ55SK8500PJA2018年4月22日158,590円
55.0インチ55UK6300PJF2018年4月22日103,333円
55.0インチ55UK7500PJA2018年4月22日124,792円
55.0インチOLED55C8PJA2018年4月20日249,354円
55.0インチOLED55E8PJA2018年4月20日322,266円
55.0インチ55UJ630A2017年6月26日83,600円
55.0インチ55UJ61002017年5月91,003円

55SJ8000より安い4K 55インチはコレ!

55SJ8000のネット価格帯は、158,000円〜158,000円です。

他の4K製品で価格の安いものを比較してみます。

型番ネット価格帯55SJ8000との価格差
55.0インチ55UJ610068,796円〜179,998円-66,997円
55.0インチ55UJ630A83,600円〜83,600円-74,400円
55.0インチ55UK6300PJF84,980円〜134,676円-54,667円
55.0インチTV-55UF1086,184円〜86,184円-71,816円
55.0インチ55UJ650090,100円〜149,100円-53,720円
55.0インチ55UK6500EJD90,809円〜90,809円-67,191円
55.0インチ55UH650092,800円〜92,800円-65,200円
55.0インチKD-55X8500B96,800円〜96,800円-61,200円
55.0インチTH-55EX600100,800円〜238,500円7,967円
55.0インチ55UK7500PJA103,000円〜142,000円-33,208円

価格差は、平均価格で算出しています。

 

55SJ8000の最近の価格動向は?待ち?買い?

55SJ8000の発売日は、2017年4月です。当モデルの4Kテレビ価格動向チェックは、2018年1月18日以前から実施しています。

楽天、ヤフーショッピングは、販売店ごとのデータを集計しています。アマゾンは、複数の販売店がしのぎを削っていますが、当サイトではアマゾンは1つの販売店として扱っています。

※グラフのポイントをタップすると詳細がポップアップします。 ※折れ線グラフは価格、バーグラフは店舗数を表しています。 ※凡例をタップすることで非表示、表示できます。

 

55SJ8000の通販最安店をチェック

Amazon(2018年8月16日時点)、楽天市場(2018年8月16日時点)、Yahoo!ショッピング(2018年8月16日時点)、通販大手各ショップで販売中の55SJ8000モデルの価格リストです。

正確な値になるように努力しています。最新価格や最新の在庫状況は、リンク先のショップで確認するようにお願いします。

  1. 170,000円家電バンク Yahoo!店

    LG  テレビ 55SJ8000

    ドコモケータイ払い対応 auかんたん決済対応 ソフトバンクまとめて支払い対応

    【別途送料必要】


 

55SJ8000に合いそうなオシャレなテレビスタンドは?

4K対応テレビは、もともと置いていたテレビ台に置く予定でしょうか?4K対応液晶テレビ、4K対応有機ELテレビをはじめ最近のテレビは薄いですよね。壁掛けに憧れます。壁掛けは、近未来っぽい雰囲気がいいですよね。ただテレビを支えるための器具を壁にねじ止め等する工事が必要ですし、やっぱり賃貸だと厳しいって諦めていませんか?こちらの工事不要で壁掛けに近い形にできる壁寄せテレビスタンドご存知でしょうか? 下のようなイメージです。前からみても、横から見ても、ビスやビス穴が見えません。工事は不要ですし、壁に寄せることで部屋が広く使えます、普通のテレビ台よりスッキリしているので掃除しやすそうって感じます。

(壁寄せテレビスタンド・ハイタイプの画像です。画像にあるブルーレイレコーダーが置けそうな棚板は、別売りです。)

こちらのスタンドは、最大60インチ、40Kgまでの重量のテレビを設置することができます。組み立て品なので届いたら軍手をした上でドライバーで組み立てる必要があります。組み立て自体は簡単ですが、テレビも、テレビスタンド自体の重量も比較的重めです。2人以上で作業した方が良さそうです。

デメリットもあります。例えば4K対応テレビ購入で標準設置してくれるサービスがありますよね。壁寄せスタンドの設置は、別途費用が発生する可能性が高いです(購入する前に購入店へ個別にお問い合わせしてください)・大きい板で柱を支えます、そのため足元にちょっとした段差がある板が存在して邪魔かもしれません。・テレビを支えるためため、スタンド自体も重い(約19kg)です。壁掛けと比べると工事不要、賃貸でも壁掛け風にテレビを設置できる、あとから設置場所を自由に変更できるメリットが魅力です。

高さ約75cm〜115cmまで調整可能なハイタイプ、高さ約48cm〜68cmまで調整可能なロータイプの2種類あります。

【ハイタイプ】高さ約75cm〜115cmまで調整可能 テレビフレームに合わせてサテンブラック、サテンホワイト、木目調(ウォールナット)、3つのカラーから選べます。 ハイタイプの重量は、約19kgあります。どっしりとした土台で最大40kgのテレビまで設置できます。55SJ8000は、付属のスタンド込みの重量で約16kgです。) こちらの株式会社ナカムラ製WALLは、グッドデザイン賞を受賞しています。

こちらの楽天市場のショップ(インテリアバザー)に適合しているかを簡単に調べることができるツールがありました。

【ロータイプ】高さ約48cm〜68cmまで調整可能 テレビフレームに合わせてサテンブラック、サテンホワイト、木目調(ウォールナット)、3つのカラーから選べます。 ロータイプの重量は、約13kg、ハイタイプより軽いです。どっしりとした土台で最大40kgのテレビまで設置できます。55SJ8000は、付属のスタンド込みの重量で約16kgです。) こちらの株式会社ナカムラ製WALLは、グッドデザイン賞を受賞しています。

こちらの楽天市場のショップ(インテリアバザー)に適合しているかを簡単に調べることができるツールがありました。

LG SJ8000 55SJ8000のまとめ

いかかがでしたでしょうか。ここまで『LG SJ8000 55SJ8000』として、

  • 55SJ8000の魅力とは
  • 55SJ8000の気をつけたいポイント
  • 55SJ8000の評判は?
  • 55SJ8000が受賞した権威ある賞
  • 55SJ8000の基本スペック
  • 55SJ8000の競合は?
  • 55SJ8000と同程度の横幅の4Kテレビを徹底比較!
  • 55SJ8000より年間消費電力が優れている4K 55インチを徹底比較!
  • 55SJ8000は55インチ、同サイズの4K LG Electronics Japan製はコレです
  • 55SJ8000より安い4K 55インチはコレ!
  • 55SJ8000の最近の価格動向は?待ち?買い?
  • 55SJ8000の通販最安店をチェック

をご紹介してきました。

 

 

2018年モデル

スプレミアム4Kモデル SK8500Pシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ
75型4Kモデル SK8000Pシリーズ 75インチ 
高性能4Kモデル UK7500Pシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ
4Kモデル UK6300Pシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ 43インチ

2017年モデル

プレミアム4Kモデル SJ8500シリーズ 65インチ 60インチ 55インチ
高品位な4K大画面モデル SJ8000シリーズ 55インチ 49インチ
高性能4Kモデル UJ7500シリーズ 43インチ 
4Kモデル UJ6500シリーズ 60インチ 55インチ 49インチ 43インチ
4Kモデル UJ630Aシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ 43インチ
4Kモデル UJ6100シリーズ 55インチ 49インチ 49インチ

2016年モデル

UH8500シリーズ 65インチ 55インチ
UH7700シリーズ 65インチ 55インチ 49インチ
UH7500シリーズ 60インチ 55インチ 49インチ 43インチ
UH6500シリーズ 55インチ 49インチ 43インチ
UH6100シリーズ 49インチ 43インチ


新製品

ここでは近々発売される新モデル、最近発売された新モデルがわかります。
リンク先は当サイト内のページです。スペック、競合や最新価格がわかります。

東芝 7月下旬リリース

有機EL X920シリーズ 65インチ 55インチ

ハイセンス 7月中旬リリース

A6500 65インチ

LG 6月下旬リリース

UK6500Eシリーズ 65インチ 55インチ 43インチ

東芝 6月下旬リリース

バズーカBM620Xシリーズ 55インチ 50インチ 43インチ

ソニー 6月23日リリース

ベーシックX7500Fシリーズ 55インチ 49インチ

東芝 6月中旬リリース

M520Xシリーズ 65インチ 55インチ

LG 有機EL 6月中旬リリース

C8Pシリーズ 77インチ
B8Pシリーズ 65インチ 55インチ

シャープ 6月16日リリース

AJ1ライン(スタンダードモデル) 40インチ

LG 6月中旬リリース

SK8000Pシリーズ 75インチ

パナソニック 6月上旬リリース

FX780シリーズ 65インチ

ソニー 有機EL 6月9日リリース

A8Fシリーズ 65インチ 55インチ

ソニー 6月9日リリース

X9000Fシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ
高画質4K液晶テレビ X8500Fシリーズ 85インチ 75インチ 65インチ 55インチ 49インチ(B) 49インチ(S) 43インチ(B) 43インチ(S)

パナソニック 有機EL 6月8日リリース

FZ1000シリーズ 65インチ 55インチ
FZ950シリーズ 65インチ 55インチ

東芝 6月6日リリース

M520Xシリーズ 50インチ 43インチ

パナソニック 5月25日リリース

FX800シリーズ 65インチ 55インチ 

LG 有機EL 5月中旬リリース

W8Pシリーズ 77インチ 65インチ
C8Pシリーズ 65インチ 55インチ
C8Pシリーズ 65インチ

LG 5月中旬リリース

SK8500Pシリーズ 55インチ

シャープ 5月7日リリース

AJ1ライン(スタンダードモデル) 55インチ 

LG 有機EL 4月20日リリース

G8Pシリーズ 65インチ
E8Pシリーズ 65インチ 55インチ
C8Pシリーズ 55インチ

LG 4月20日リリース

UK6300Pシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ 43インチ
UK7500Pシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ
SK8500Pシリーズ 65インチ 49インチ 

そろそろ底値?2017年モデル

2018年モデルが続々リリースされています。新モデル発売で旧2017年上位モデルもご予算にマッチする価格帯になっているものがあります。ここでは2017年の上位モデルをまとめています。在庫が豊富にあるうちにチェックして見てください。
リンク先は当サイト内のページです。スペック、競合や最新価格がわかります。

ソニー2017年上位モデル

高画質&高音質4K液晶モデル X9500Eシリーズ 65インチ 55インチ
高画質4K液晶モデル X9000Eシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ

シャープ2017年上位モデル

AQUOS 4K フラッグシップ UH5ライン 60インチ 55インチ
AQUOS 4K ハイグレード US5ライン 60インチ 55インチ 50インチ
AQUOS 4K ハイグレード US45ライン 60インチ 55インチ 50インチ 45インチ

東芝2017年上位モデル

“美肌”高画質 Z810Xシリーズ 65インチ 58インチ 50インチ
バズーカ BZ710Xシリーズ 55インチ 49インチ

パナソニック2017年上位モデル

ハイスペック4Kモデル EX850シリーズ 60インチ 55インチ 49インチ
デザイン4Kモデル EX780シリーズ 65インチ

LG2017年上位モデル

プレミアム4Kモデル SJ8500シリーズ 65インチ 60インチ 55インチ
高品位な4K大画面モデル SJ8000シリーズ 55インチ 49インチ


人気の4K!アクセスランキング

直近1ヶ月の人気4Kテレビです。アクセスが多い順に並んでいます。人気4Kモデルはこちらです

55UJ630A 2017年モデル 【HDR対応】
4T-C50AJ1 2018年モデル 【HDR対応】
LC-60U45 2017年モデル 【HDR対応】
TH-49FX750 2018年モデル 【HDR対応】
55UJ6100 2017年モデル 【HDR対応】

4Kテレビ シリーズ/ライン アクセスランキング

直近1ヶ月の人気4Kテレビです。アクセスが多い順に並んでいます。アクセス数が多い4Kテレビのシリーズがわかります


4Kテレビ ディスプレイサイズ アクセスランキング

直近1ヶ月の人気4Kテレビです。アクセスが多い順に並んでいます。アクセス数が多い4Kテレビのディスプレイサイズがわかります

 - Smart TV , , , , , , , ,