4Kテレビが欲しい 動向をチェック 大画面・高画質の次世代テレビ「4K」

4Kテレビが欲しいと思い始めました。店頭で決める前にAmazon、楽天、Yahooでの価格、製品の特徴などを店員さんに依存しないで確認したい

SONY BRAVIA X7500F KJ-49X7500F

   

KJ-49X7500F

KJ-49X7500Fは、2018年6月発売のソニーのX7500Fシリーズ 49インチです。

  • KJ-49X7500Fの魅力は?
  • KJ-49X7500Fの気をつけたいポイントは何?
  • KJ-49X7500Fの評判は?
  • KJ-49X7500Fの競合は?
  • KJ-49X7500Fの最近の価格動向は?待ち?買い?
  • KJ-49X7500Fをネットで購入するとどのくらい?
  • KJ-49X7500Fの基本スペックは?

がわかります。

KJ-49X7500Fの競合は、同程度のサイズで競合する製品や、消費電力が優れている製品、インチサイズが同程度の競合する製品など複数の視点で掘り下げていきます。

KJ-49X7500Fの価格は、日々蓄積している価格情報から長期的な価格推移の確認や、本日の最安値店が確認できます。

 

ソニー ブラビアでBS4K/CS4Kを見よう!【最大30,000円相当プレゼント】
購入対象期間:2018年9月4日(火)~2019年1月18日(金)まで(応募締め切りは2/18 17時00分00秒です)
期間中、対象の4Kブラビアと4Kチューナーを購入いただくと応募者全員最大30,000円キャッシュバック(55型以上の対象の4Kブラビア+DST-SHV1で30,000円、49型/43型の対象の4Kブラビア+DST-SHV1で20,000円のキャッシュバック)キャンペーン開催中です。KJ-49X7500Fは対象モデルです。KJ-49X7500FとBS4K/CS4Kダブルチューナー(DST-SHV1)を購入対象期間中にご購入された方は本キャンペーンの対象です。キャンペーンの詳細はこちら(リンク先はソニーのキャンペーンページです)
4Kチューナーのリンク先は当サイト内です。最安相場がわかります。

 

【ソニー主催】4Kブラビアで4Kコンテンツを楽しもうキャンペーン
キャンペーン期間:2018年 6月 6日~2019年12月31日
Google Play ムービー& TV アプリからソニーピクチャーズの最新作から過去の名作までを網羅した対象タイトルからお好きな2本[4K UHD 映画(購入版)]がプレゼントで視聴できるキャンペーンです。
4Kブラビア以下モデル購入者が対象です。(すでに購入されている方も応募できます)
・My BRAVIAアプリのピックアップ欄に掲載されているキャンペーンバナーから、キャンペーンページを開き、記載の方法に従って応募できます。
2018年モデル A8Fシリーズ、X9000Fシリーズ、X8500Fシリーズ、X7500Fシリーズ
2017年モデル A1シリーズ、X9500Eシリーズ、X9000Eシリーズ、X8500Eシリーズ、X8000Eシリーズ

 

掘り下げる前に、KJ-49X7500Fがサクッとわかる情報です。

KJ-49X7500Fがサクッとわかる情報

SONY BRAVIA X7500F KJ-49X7500F

音声検索で、ネット動画やテレビ番組をかんたんに呼び出せる。表現力豊かな4K画質が美しい、ベーシックな4K液晶テレビ

 

メーカー
ソニー
シリーズ
X7500Fシリーズ
画面サイズ
49.0インチ
最適視聴距離
約96cm〜
価格動向
SONY BRAVIA X7500F KJ-49X7500F
最安値
102,800円
平均価格
132,177円(44店舗)
公式サイト
SONY BRAVIA X7500F KJ-49X7500F
最安店で最新の価格を確認して見る

ここから4K対応テレビがお得に購入できる通販サイトのキャンペーンやセール情報を掲載しています。通常より多いポイントで実質負担額を下げてお得になる情報、今の底値を更新するお得な情報をご紹介しています。興味のない方はこちらをクリックしてください。目次へ移動できます。

 

Yahoo!プレミアム会員限定 掲載ストア対象 ポイント合計10倍!
開催期間:12/16(日)00:00 〜 12/20(木)23:59
ストアポイント(1倍〜15倍)+プレミアム会員特典(+4倍)+エントリーポイント(5倍)合わせて10倍以上になるキャンペーンです。
家電ストアもありました。詳しくは=>掲載ストア対象ポイントキャンペーン
エントリーが必要です(上記リンク先よりエントリーできます)
・このキャンペーンは不定期に開催されています。
・Yahoo!プレミアム会員限定です。

Yahoo!プレミアム会員のその他の特典は↓で確認できます

こちらにTポイント還元が多いストアをまとめています=>ストアポイント最大15倍の4Kテレビ、実質最安値4Kテレビが見つかります

 

楽天市場 超ポイントバック祭開催中です。楽天で買い物されない方はこちらで読み飛ばすことができます。

楽天市場【超ポイントバック祭 開催中!】12月17日(月)9:59まで
開催期間:12/14(金)10:00 〜 12/17(月)9:59

楽天市場で期間中のお買い物金額に応じてポイントアップする超ポイントバック祭開催しています。エントリーが必要です=>https://event.rakuten.co.jp/campaign/pointback/ 先着10,000枚限定の150円OFFクーポン(7,000円以上のお買い物で使えます)配布しています。=>https://event.rakuten.co.jp/campaign/pointback/20181214/150coupon/

↓ポイント還元で実質最安値の4K/4K対応テレビをまとめました↓
【楽天市場】実質最安値の4K/4K対応テレビ

ダーツで5000ポイント!開催期間中毎日チャンスがあります。毎日本数限定で5,000ポイント、最終日はポイント2倍が当たります。チャンスはスマホとPCの2回!お買いものパンダ冬休みダーツくじはこちら=>https://event.rakuten.co.jp/campaign/pointback/20181214/lottery/

 

Amazonの歳末セールで4K対応テレビが割引で購入できます。Amazonで買い物されない方はこちらで読み飛ばすことができます。

【Amazon】【プライム会員限定】テレビ・レコーダー 歳末セール 15%OFFも
開催期間:12/14(金)12:00〜12/31(月)23:59まで
Amazonプライム会員限定のテレビ・レコーダー 歳末セールです。対象のテレビ・レコーダー注文確定時に15%オフ10%オフ5%オフが適用されます。本キャンペーンは、プライム無料体験中の方も対象です。Amazonプライム(30日間無料体験)はこちら=>http://www.amazon.co.jp/tryprimefree

15%オフ対象の4K対応テレビ
ハイセンス 43インチ 2018年モデル ハイクオリティを追求した、画質とデザイン。
10%オフ対象の4K対応テレビ
LG 65、55インチ 2017年 次世代の映像の可能性をその画面に余すところなく描ききる、先進の有機ELモデル。
ハイセンス 55、50インチ 2018年モデル ハイクオリティを追求した、画質とデザイン。
以下VODが省略されたセール対象モデルです
5%オフ対象の4K対応テレビ
LG 60、55インチ 2017年 傑出した映像テクノロジーで、液晶の限界画質へと挑む、プレミアム4Kモデル。
シャープ 60、50インチ 艶やかな黒とクリアなサウンド AIoT対応AQUOS 4K ハイグレード 2017年モデル
LG Amazon限定 65、50インチ 2018年モデル
LG 60インチ みずみずしい豊かな映像表現を、日々身近に楽しめる4Kモデル。2017年モデル
LG Amazon限定 55インチ 2017年モデル

ここでご紹介したモデルは全てBS4K/CS4Kチューナー未搭載です。視聴するには別途4Kレコーダー、4Kチューナーが必要になります。Amazonの在庫がなくなり次第終了します。また対象商品は、Amazon.co.jpの販売する商品に限られます。カートに入れる前にプライム限定セール、「こちらの商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します。」表記があることをご確認ください。レコーダーを確認したい、キャンペーンの詳細を確認したい方はこちらです=>【プライム会員限定】テレビ・レコーダー 歳末セール

Amazon Music Unlimitedキャンペーン中です

【Amazon】新規登録で3か月99円キャンペーン 1/4まで
2018年11月15日15時01分~2019年1月4日23時59分の期間にAmazon Music Unlimited個人プランを申し込むと3か月99円(税込)でAmazon Music Unlimitedをたっぷり使えるキャンペーンです。Amazon Music Unlimitedは有料の音楽配信サービスです。そのため4か月目以降は月額980円(税込)(プライム会員の方は780円(税込))の月額が発生します。3か月99円キャンペーンは1名様、1アカウントのみ限定です。個人プラン新規の方限定のため、一度体験されている方はこのキャンペーンの対象外になります。
Amazon Music Unlimitedは12/1よりd払い可能です。

 

目次

 

KJ-49X7500Fの魅力とは


KJ-49X7500Fの魅力を列挙!

  • 超解像エンジン:「4K X-Reality PRO」
  • HDR10やHLG(ハイブリッド・ログガンマ)のHDR信号に対応
  • 最大20Wの「バスレフ型スピーカー」採用
  • 外付けHDD裏番組録画
  • Android Oreo、Google アシスタント built-in、Works with Amazon Alexa対応予定

 

KJ-49X7500Fの気をつけたいポイント

2018年12月1日10時放送開始予定のBS4K/CS4K放送を受信する機能は搭載していません。

本モデルは、Bluetoothヘッドフォンに対応していません。Bluetooth対応プロファイルはHID/HOGP/SPPで、A2DP非対応です。

ソニー純正4Kチューナーの特徴と価格相場

ソニー純正の地上・BS4K・110度CS4KチューナーはDST-SHV1です。(2018年11月10日発売予定)BS4K/CS4Kチューナーを2つ、地上・BS・110度CSチューナーを2つ搭載しています。4Kタブルチューナーで裏番組録画に対応しています。
・KJ-49X7500Fは2万円キャッシュバック対象です。(2019/1/18購入まで)【*1
・ブラビアリンクに対応。ブラビアのリモコンで操作できます。
・6TBまでのハードディスクを接続できます。(ソニー純正のHDDは3TBが最大容量です)

*1:KJ-49X7500FとDST-SHV1を期間中に購入した方が対象です。レシートまたは領収書が必要です。詳しくはこちら=>https://www.sony.jp/bravia/campaign/cb18/


その他4Kチューナー、4Kチューナー内蔵ブルーレイレコーダーはこちらにまとめています。

 

KJ-49X7500Fの評判は?

 

KJ-49X7500Fが受賞した権威ある賞

HiVi、VGP、価格COMプロダクトアワード等よりKJ-49X7500Fの評判・評価を調べています。

KJ-49X7500Fの受賞履歴は見つからなかったです。

 

 

VGPは、オーディオビジュアルアワードで、夏(6月ごろ発表)と年間(11月ごろ発表)の2つのアワードがあります。
著名な審査員が優れた性能・優れた技術・優れたコンセプトを実現した国内販売されているホームエンターテーメント性の高いデジタルAV関連製品を厳選しています。
総合金賞、批評家大賞、審査員特別賞、技術賞、開発省、企画賞、各部門賞(ディスプレイ部門賞、プロジェクター・スクリーン部門賞、プレイヤー・レコーダー部門賞・・・)等の優秀モデルがわかります。

最新は、VGP 2018 Summerです。

HiVi(ハイヴィ)はオーディオ・ステレオ・映像系の専門誌です。
人気企画のベストバイグランプリ(グランプリ(1月ごろ)、HiViベストバイ夏(7月ごろ)、HiViベストバイ冬(12月ごろ))は、ディスプレイ、プロジェクター、ビデオプレイヤー、ビデオレコーダー、カメラ(レコーダー)、AVアンプ、サウンドシステムなどのオススメモデルがわかります。
これは、満足度パフォーマンスに優れた機種をAV評論家諸氏で厳選したものです。
最新は、HiViベストバイ2018夏です。

価格COMプロダクトアワードは、日々書き込まれているユーザーレビューをベースとして、その年に最も支持されたモデルがわかるアワードです。
価格COMのパソコン、家電、カメラといったそれぞれのカテゴリーで金賞、銀賞、銅賞が厳選され、その中からさらに大賞が審査されます。ユーザー目線で選ばれた満足いくモデルがわかります。
最新は、価格.com プロダクトアワード 2017です。

 



 

KJ-49X7500Fの基本スペック

ソニー ブラビア X7500Fシリーズ 49インチ KJ-49X7500Fの基本スペックです。

もっと詳しいスペックを知りたい方は、X7500Fシリーズの公式サイトを参考にしてください。
SONY BRAVIA X7500F KJ-49X7500F

SONY BRAVIA X7500F KJ-49X7500F
4K対応液晶テレビ KJ-49X7500F
2018モデル
メーカーソニー
ブランドブラビア
シリーズX7500Fシリーズ
発売日2018年6月23日
4Kチューナ内蔵---
8Kチューナ内蔵---
地テジチューナ数●(ダブル/2)
BS/CSチューナ
画面サイズ49インチ
HDR●(HDR10、HLG)
ディスプレイタイプ液晶
LED種類ダイレクトフルLED
高速液晶表示---
サイズ(幅x高さx奥行)
■本体
110.1cm x 64.5cm x 5.8cm
■スタンド込み
110.1cm x 70.5cm x 27.9cm
スタンド込み重量12.6kg
年間消費電力量108kWh
省エネ基準達成率193%
HDMI端子数4個
外付けHDD対応
Netflix対応
対応OS種類ANDROID
アプリ対応アプリ ダウンロード

 

KJ-49X7500Fの新旧スペック比較


KJ-49X7500FとKJ-49X8000E(B)の違い

KJ-49X7500FとKJ-49X8000E(B)の違いを価格、スペックで比較しています。

SONY BRAVIA X7500F KJ-49X7500F
KJ-49X7500F
SONY BRAVIA X8000E KJ-49X8000E(B)
KJ-49X8000E(B)
発売日2018年6月23日2017年6月24日
メーカーソニーソニー
平均価格132,177円102,000円
最安値102,800円 最安店はこちら102,000円 最安店はこちら
販売店舗441
ブランドブラビアブラビア
シリーズX7500FシリーズX8000Eシリーズ
JAN45487360761124548736049611
画面サイズ49インチ49インチ
パネル液晶液晶
Ultra HD Premium------
HDR●(HDR10、HLG)●(HDR10、HLG)
画素数3,840x2,1603,840x2,160
最適視聴距離約96cm約96cm
高速液晶表示------
4Kチューナ内蔵------
8Kチューナ内蔵------
地デジチューナ数●(ダブル/2)●(ダブル/2)
BS/CSチューナ
画面1,101mmx645mmx58mm1,096mmx640mmx57mm
スタンド込み1,101mmx705mmx279mm1,096mmx691mmx252mm
重量12.6kg12.9kg
年間消費電力量108kWh118kWh
省エネ基準達成率193%177%
HDMI端子数4.0個4.0個
外付けHDD録画
DLNA対応
アクトビラ4Kアクトビラ4Kアクトビラ
Netflix
アプリ対応アプリ ダウンロードアプリ ダウンロード
搭載OSANDROIDANDROID

 

KJ-49X7500Fの競合は?

KJ-49X7500Fは、HDR対応・VOD対応の4K対応液晶テレビです。新BS4K/CS4K衛星放送を受信するためには別途4Kチューナ(4Kチューナはこちら)が必要です。4Kチューナー内蔵テレビはこちらにまとめています。HDR10、HLG方式のHDRに対応しています。ダブルチューナでHDD裏番組録画ができます。

KJ-49X7500Fと同程度の横幅の4Kテレビを徹底比較!

KJ-49X7500Fの幅・高さ・奥行は1,101.0mm・645.0mm・58.0mmです。

ほぼ同型の画面サイズで幅が同じ程度の4K製品を比較してみます。

メーカー等幅・高さ・奥行KJ-49X7500Fとの差
49.0インチソニーKJ-49X9000F1,093.0mm(幅)629.0mm(高さ)69.0mm(奥行)8mm狭い16mm低い11mm広い
49.0インチソニーKJ-49X9000E1,093.0mm(幅)631.0mm(高さ)62.0mm(奥行)8mm狭い14mm低い4mm広い
49.0インチLG Electronics Japan49SK8500PJA1,096.0mm(幅)638.0mm(高さ)63.0mm(奥行)5mm狭い7mm低い5mm広い
49.0インチソニーKJ-49X8000E(B)1,096.0mm(幅)640.0mm(高さ)57.0mm(奥行)5mm狭い5mm低い1mm狭い
49.0インチソニーKJ-49X8000E(S)1,096.0mm(幅)640.0mm(高さ)57.0mm(奥行)5mm狭い5mm低い1mm狭い
49.0インチパナソニックTH-49FX7501,099.0mm(幅)640.0mm(高さ)61.0mm(奥行)2mm狭い5mm低い3mm広い
49.0インチLG Electronics Japan49SJ80001,100.0mm(幅)641.0mm(高さ)62.0mm(奥行)1mm狭い4mm低い4mm広い
49.0インチパナソニックTH-49EX6001,102.0mm(幅)644.0mm(高さ)77.0mm(奥行)1mm広い1mm低い19mm広い
49.0インチパナソニックTH-49EX7501,106.0mm(幅)644.0mm(高さ)65.0mm(奥行)5mm広い1mm低い7mm広い
49.0インチLG Electronics Japan49UK7500PJA1,102.0mm(幅)644.0mm(高さ)63.0mm(奥行)1mm広い1mm低い5mm広い

発売から2年以内の4K対応テレビ、4Kテレビを比較対象にしています。

KJ-49X7500Fより年間消費電力が優れている4K 49インチを徹底比較!

KJ-49X7500Fの年間消費電力は108kWhです。

ほぼ同型の画面サイズで、より消費電力量が少ない製品を調べました。

メーカーが公表する年間消費電力量は、省エネ法に基づいて、一般家庭での1日の 平均視聴時間(4.5時間)を基準に算出した、1年間に使用する電力量と推測されます。

メーカー等年間消費電力量KJ-49X7500Fと比べた省エネ度
50.0インチ東芝50M510X94kWh年間364円お得です
50.0インチ東芝50M520X95kWh年間338円お得です
50.0インチ東芝50BM620X97kWh年間286円お得です
50.0インチハイセンスジャパン50A610098kWh年間260円お得です
49.0インチLG Electronics Japan49UJ630A101kWh年間182円お得です
49.0インチLG Electronics Japan49UJ6100101kWh年間182円お得です
49.0インチLG Electronics Japan49UJ6500101kWh年間182円お得です
50.0インチ三菱電機LCD-A50XS1000102kWh年間156円お得です
49.0インチLG Electronics Japan49UK6300PJF102kWh年間156円お得です
49.0インチLG Electronics Japan49SK8500PJA106kWh年間52円お得です

kWhとは、1時間連続で使用した場合の消費電力量で「電力(W)×時間(h)」で計算されます。ここでは、1kWhあたりの単価を26円で年間の省エネ度を算出しています。

発売から2年以内の4K対応テレビ、4Kテレビを比較対象にしています。

KJ-49X7500Fは49インチ、同サイズの4K ソニー製はコレです

KJ-49X7500Fと同じメーカー(ソニー)の同型サイズの製品を調べました。

KJ-49X7500Fの発売日は、2018年6月23日です。

型番発売日平均価格
49.0インチKJ-49X8500FB2018年6月9日122,864円
49.0インチKJ-49X8500FS2018年6月9日113,330円
49.0インチKJ-49X9000F2018年6月9日172,257円
49.0インチKJ-49X8000E(B)2017年6月24日102,000円
49.0インチKJ-49X8000E(S)2017年6月24日109,800円
49.0インチKJ-49X9000E2017年6月10日147,036円

KJ-49X7500Fより安い4K 49インチはコレ!

KJ-49X7500Fのネット価格帯は、102,800円〜153,099円です。

他の4K製品で価格の安いものを比較してみます。

型番ネット価格帯KJ-49X7500Fとの価格差
50.0インチ50A610045,800円〜52,800円-81,463円
50.0インチHJ50N300057,800円〜84,240円-62,310円
50.0インチHJ50N550062,800円〜62,800円-69,377円
49.0インチTV-49UF1063,680円〜63,700円-68,487円
50.0インチHJ50N500064,270円〜120,528円-34,398円
49.0インチ49UJ630A65,000円〜65,000円-67,177円
50.0インチ50A650065,340円〜72,600円-62,542円
49.0インチ49UJ610075,700円〜159,998円-19,821円
50.0インチ50A680076,495円〜99,800円-44,418円
49.0インチ49UK6300PJF76,730円〜94,000円-47,186円

価格差は、平均価格で算出しています。

発売から2年以内の4K対応テレビ、4Kテレビを比較対象にしています。

 

KJ-49X7500Fの最近の価格動向は?待ち?買い?

KJ-49X7500Fの発売日は、2018年6月です。当モデルの4Kテレビ価格動向チェックは、2018年6月16日以前から実施しています。

楽天、ヤフーショッピングは、販売店ごとのデータを集計しています。アマゾンは、複数の販売店がしのぎを削っていますが、当サイトではアマゾンは1つの販売店として扱っています。

※グラフのポイントをタップすると詳細がポップアップします。 ※折れ線グラフは価格、バーグラフは店舗数を表しています。 ※凡例をタップすることで非表示、表示できます。

 

KJ-49X7500Fの通販最安店をチェック

Amazon(2018年12月16日時点)、楽天市場(2018年12月16日時点)、Yahoo!ショッピング(2018年12月16日時点)、通販大手各ショップで販売中のKJ-49X7500Fモデルの価格リストです。

正確な値になるように努力しています。最新価格や最新の在庫状況は、リンク先のショップで確認するようにお願いします。

  1. 103,480円A-PRICE楽天市場店

    【送料無料】SONY KJ-49X7500F ブラック BRAVIA [49V型地上・BS・110度CSデジタル 4K対応 LED液晶テレビ]

    音声検索で、ネット動画やテレビ番組をかんたんに呼び出せる。表現力豊かな4K画質が美しい、ベーシックな4K液晶テレビ。
  2. 103,480円総合通販PREMOA 楽天市場店

    【送料無料】SONY KJ-49X7500F ブラック BRAVIA [49V型地上・BS・110度CSデジタル 4K対応 LED液晶テレビ]

    音声検索で、ネット動画やテレビ番組をかんたんに呼び出せる。表現力豊かな4K画質が美しい、ベーシックな4K液晶テレビ。
  3. 107,370円PCボンバー 楽天市場店

    ソニー/SONY BRAVIA KJ-49X7500F [49インチ]

    (送料無料)ソニー/SONY BRAVIA KJ-49X7500F [49インチ]

価格一覧をさらに見る・・・(楽天ポイント10倍の店舗があります)


 

KJ-49X7500Fに合いそうなオシャレなテレビスタンドは?

4K対応テレビは、もともと置いていたテレビ台に置く予定でしょうか?4K対応液晶テレビ、4K対応有機ELテレビをはじめ最近のテレビは薄いですよね。壁掛けに憧れます。壁掛けは、近未来っぽい雰囲気がいいですよね。ただテレビを支えるための器具を壁にねじ止め等する工事が必要ですし、やっぱり賃貸だと厳しいって諦めていませんか?こちらの工事不要で壁掛けに近い形にできる壁寄せテレビスタンドご存知でしょうか? 下のようなイメージです。前からみても、横から見ても、ビスやビス穴が見えません。工事は不要ですし、壁に寄せることで部屋が広く使えます、普通のテレビ台よりスッキリしているので掃除しやすそうって感じます。

(壁寄せテレビスタンド・ハイタイプの画像です。画像にあるブルーレイレコーダーが置けそうな棚板は、別売りです。)

こちらのスタンドは、最大60インチ、40Kgまでの重量のテレビを設置することができます。組み立て品なので届いたら軍手をした上でドライバーで組み立てる必要があります。組み立て自体は簡単ですが、テレビも、テレビスタンド自体の重量も比較的重めです。2人以上で作業した方が良さそうです。

デメリットもあります。例えば4K対応テレビ購入で標準設置してくれるサービスがありますよね。壁寄せスタンドの設置は、別途費用が発生する可能性が高いです(購入する前に購入店へ個別にお問い合わせしてください)・大きい板で柱を支えます、そのため足元にちょっとした段差がある板が存在して邪魔かもしれません。・テレビを支えるためため、スタンド自体も重い(約19kg)です。壁掛けと比べると工事不要、賃貸でも壁掛け風にテレビを設置できる、あとから設置場所を自由に変更できるメリットが魅力です。

高さ約75cm〜115cmまで調整可能なハイタイプ、高さ約48cm〜68cmまで調整可能なロータイプの2種類あります。

【ハイタイプ】高さ約75cm〜115cmまで調整可能 テレビフレームに合わせてサテンブラック、サテンホワイト、木目調(ウォールナット)、3つのカラーから選べます。 ハイタイプの重量は、約19kgあります。どっしりとした土台で最大40kgのテレビまで設置できます。KJ-49X7500Fは、付属のスタンド込みの重量で約12kgです。) こちらの株式会社ナカムラ製WALLは、グッドデザイン賞を受賞しています。

こちらの楽天市場のショップ(インテリアバザー)に適合しているかを簡単に調べることができるツールがありました。

【ロータイプ】高さ約48cm〜68cmまで調整可能 テレビフレームに合わせてサテンブラック、サテンホワイト、木目調(ウォールナット)、3つのカラーから選べます。 ロータイプの重量は、約13kg、ハイタイプより軽いです。どっしりとした土台で最大40kgのテレビまで設置できます。KJ-49X7500Fは、付属のスタンド込みの重量で約12kgです。) こちらの株式会社ナカムラ製WALLは、グッドデザイン賞を受賞しています。

こちらの楽天市場のショップ(インテリアバザー)に適合しているかを簡単に調べることができるツールがありました。

もう一つ、賃貸でも4Kテレビを壁掛けできるナイスアイデアのテレビ壁掛け金具セットのWOODYをご紹介します。部屋に新たな柱(2x4材)を追加し、4Kテレビを設置することができます。壁に穴を開ける代わりに2x4材に穴を開ける方式ナイスアイデアだと思います。
天井や床を傷つけないつっぱり機構で耐震OK、部屋のサイズに合わせた2x4材、テレビ壁掛け金具の3点セットです。取り付け可能なの?適合する金具は選べるの?などは↓の画像をクリックした先(楽天市場 エースオブパーツ)で調べることができます。

SONY BRAVIA X7500F KJ-49X7500Fのまとめ

いかかがでしたでしょうか。ここまで『SONY BRAVIA X7500F KJ-49X7500F』として、

  • KJ-49X7500Fの魅力とは
  • KJ-49X7500Fの気をつけたいポイント
  • KJ-49X7500Fの評判は?
  • KJ-49X7500Fが受賞した権威ある賞
  • KJ-49X7500Fの基本スペック
  • KJ-49X7500Fの新旧スペック比較
  • KJ-49X7500FとKJ-49X8000E(B)の違い
  • KJ-49X7500Fの競合は?
  • KJ-49X7500Fと同程度の横幅の4Kテレビを徹底比較!
  • KJ-49X7500Fより年間消費電力が優れている4K 49インチを徹底比較!
  • KJ-49X7500Fは49インチ、同サイズの4K ソニー製はコレです
  • KJ-49X7500Fより安い4K 49インチはコレ!
  • KJ-49X7500Fの最近の価格動向は?待ち?買い?
  • KJ-49X7500Fの通販最安店をチェック

をご紹介してきました。

 

 

2018年 有機EL モデル

A9Fシリーズ 65インチ 55インチ
A8Fシリーズ 65インチ 55インチ

2018年 液晶モデル

Z9Fシリーズ 75インチ 65インチ
X9000Fシリーズ 65インチ 55インチ
X8500Fシリーズ 85インチ 75インチ 65インチ 55インチ
49インチ
 ブラック ウォームシルバー
43インチ
 ブラック ウォームシルバー
X7500Fシリーズ 55インチ 49インチ 43インチ

2017年 有機EL モデル

A1シリーズ 77インチ 65インチ 55インチ

2017年液晶モデル

高画質&高音質4K液晶モデル X9500Eシリーズ 65インチ 55インチ
高画質4K液晶モデル X9000Eシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ
高画質4K液晶モデル X8500Eシリーズ 75インチ 65インチ 55インチ 
4K液晶モデル X8000Eシリーズブラック 49インチ 43インチ
ウォームシルバー 49インチ 43インチ

2016年モデル

ソニーのテレビ史上最高画質モデル プレミアム4Kモデル Z9Dシリーズ 100インチ(受注生産モデル) 75インチ 65インチ
高画質&高音質プレミアム4Kモデル X9350Dシリーズ 65インチ 55インチ
画質&薄型プレミアム4Kモデル X9300Dシリーズ 65インチ 55インチ
高画質プレミアム4Kモデル X8500Dシリーズ 65インチ 55インチ
プレミアム4Kモデル X8300Dシリーズブラック 49インチ 43インチ
ウォームシルバー 49インチ 43インチ
スタンダード4Kモデル X7000Dシリーズ 49インチ


新製品

ここでは近々発売される新モデル、最近発売された新モデルがわかります。
リンク先は当サイト内のページです。スペック、競合や最新価格がわかります。

シャープ 12月22日リリース

4Kダブルチューナー内蔵 AL1ライン 45インチ

ハイセンス 12月初旬リリース

4Kチューナー内蔵 A6800 50インチ 43インチ

シャープ 11月17日リリース

AQUOS史上最高画質 8Kチューナ内蔵 AX1ライン 80インチ 70インチ 60インチ
AQUOS史上最高画質 AW1ライン 60インチ
4Kダブルチューナー内蔵 ハイグレード AN1ライン 60インチ 50インチ

三菱電機 10月18日リリース

4Kチューナー内蔵 Bluray内蔵 RA1000シリーズ 58インチ 50インチ 40インチ
XS1000シリーズ 58インチ 50インチ 40インチ

ソニー 10月13日リリース

有機EL A9Fシリーズ 65インチ 55インチ
Z9Fシリーズ 75インチ 65インチ

東芝 8月下旬リリース

4Kチューナー内蔵 Z720Xシリーズ 55インチ 49インチ

シャープ 8月下旬リリース

AM1ライン 60インチ 50インチ

ハイセンス 8月、9月リリース

A6500 55インチ 50インチ 43インチ
A6100 55インチ 50インチ 43インチ

東芝 7月下旬リリース

4Kチューナー内蔵 有機EL X920シリーズ 65インチ 55インチ

ハイセンス 7月中旬リリース

A6500 65インチ

LG 6月下旬リリース

UK6500Eシリーズ 65インチ 55インチ 43インチ

東芝 6月下旬リリース

4Kチューナー内蔵 バズーカBM620Xシリーズ 55インチ 50インチ 43インチ

シャープ 6月下旬リリース

AM1ライン 43インチ

ソニー 6月23日リリース

ベーシックX7500Fシリーズ 55インチ 49インチ

東芝 6月中旬リリース

4Kチューナー内蔵 M520Xシリーズ 65インチ 55インチ

LG 有機EL 6月中旬リリース

C8Pシリーズ 77インチ
B8Pシリーズ 65インチ 55インチ

シャープ 6月16日リリース

AJ1ライン(スタンダードモデル) 40インチ

LG 6月中旬リリース

SK8000Pシリーズ 75インチ

パナソニック 6月上旬リリース

FX780シリーズ 65インチ

ソニー 有機EL 6月9日リリース

A8Fシリーズ 65インチ 55インチ

ソニー 6月9日リリース

X9000Fシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ
高画質4K液晶テレビ X8500Fシリーズ 85インチ 75インチ 65インチ 55インチ 49インチ(B) 49インチ(S) 43インチ(B) 43インチ(S)

パナソニック 有機EL 6月8日リリース

FZ1000シリーズ 65インチ 55インチ
FZ950シリーズ 65インチ 55インチ

東芝 6月6日リリース

M520Xシリーズ 50インチ 43インチ

そろそろ底値?2017年モデル

2018年モデルが続々リリースされています。新モデル発売で旧2017年上位モデルもご予算にマッチする価格帯になっているものがあります。ここでは2017年の上位モデルをまとめています。在庫が豊富にあるうちにチェックして見てください。
リンク先は当サイト内のページです。スペック、競合や最新価格がわかります。

ソニー2017年上位モデル

高画質&高音質4K液晶モデル X9500Eシリーズ 65インチ 55インチ
高画質4K液晶モデル X9000Eシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ

シャープ2017年上位モデル

AQUOS 4K フラッグシップ UH5ライン 60インチ 55インチ
AQUOS 4K ハイグレード US5ライン 60インチ 55インチ 50インチ
AQUOS 4K ハイグレード US45ライン 60インチ 55インチ 50インチ 45インチ

東芝2017年上位モデル

“美肌”高画質 Z810Xシリーズ 65インチ 58インチ 50インチ
バズーカ BZ710Xシリーズ 55インチ 49インチ

パナソニック2017年上位モデル

ハイスペック4Kモデル EX850シリーズ 60インチ 55インチ 49インチ
デザイン4Kモデル EX780シリーズ 65インチ

LG2017年上位モデル

プレミアム4Kモデル SJ8500シリーズ 65インチ 60インチ 55インチ
高品位な4K大画面モデル SJ8000シリーズ 55インチ 49インチ


人気の4K!アクセスランキング

直近1ヶ月の人気4Kテレビです。アクセスが多い順に並んでいます。人気4Kモデルはこちらです

50M520X 2018年モデル 【HDR対応】
43UK6500EJD 2018年モデル 【HDR対応】
49Z720X 2018年モデル 【HDR対応】
4T-C50AJ1 2018年モデル 【HDR対応】
55Z720X 2018年モデル 【HDR対応】

4Kテレビ シリーズ/ライン アクセスランキング

直近1ヶ月の人気4Kテレビです。アクセスが多い順に並んでいます。アクセス数が多い4Kテレビのシリーズがわかります


4Kテレビ ディスプレイサイズ アクセスランキング

直近1ヶ月の人気4Kテレビです。アクセスが多い順に並んでいます。アクセス数が多い4Kテレビのディスプレイサイズがわかります

 - ブラビア , , , , , , , , , ,