4Kテレビが欲しい 動向をチェック 大画面・高画質の次世代テレビ「4K」

4Kテレビが欲しいと思い始めました。店頭で決める前にAmazon、楽天、Yahooでの価格、製品の特徴などを店員さんに依存しないで確認したい

TOSHIBA REGZA Z720X 49Z720X

   

49Z720X

49Z720Xは、2018年9月発売の東芝のZ720Xシリーズ 49インチです。

  • 49Z720Xの魅力は?
  • 49Z720Xの気をつけたいポイントは何?
  • 49Z720Xの評判は?
  • 49Z720Xの競合は?
  • 49Z720Xの最近の価格動向は?待ち?買い?
  • 49Z720Xをネットで購入するとどのくらい?
  • 49Z720Xの基本スペックは?

がわかります。

49Z720Xの競合は、同程度のサイズで競合する製品や、消費電力が優れている製品、インチサイズが同程度の競合する製品など複数の視点で掘り下げていきます。

49Z720Xの価格は、日々蓄積している価格情報から長期的な価格推移の確認や、本日の最安値店が確認できます。

 


掘り下げる前に、49Z720Xがサクッとわかる情報です。

49Z720Xがサクッとわかる情報

TOSHIBA REGZA Z720X 49Z720X

4K 液晶レグザのハイエンド 新4K衛星放送をどこまでも美しく再現する、全面直下LEDバックライト採用タイムシフトマシン搭載モデル

 

メーカー
東芝
シリーズ
Z720Xシリーズ
画面サイズ
49.0インチ
最適視聴距離
約1m0cm〜
価格動向
TOSHIBA REGZA Z720X 49Z720X
最安値
184,900円
平均価格
216,152円(32店舗)
公式サイト
TOSHIBA REGZA Z720X 49Z720X
最安店で最新の価格を確認して見る

 

目次

 

49Z720Xの魅力とは


49Z720Xの魅力を列挙!

  • BS/CS 4Kチューナー内蔵 2018年12月1日から始まるBS・110度CSの4K放送に対応したチューナーが内蔵されています。4K放送対応スカパー!プレミアムサービス/スカパー!プレミアムサービス光チューナーも内蔵しています。
  • チューナー数 地デジ:9、BS・110度CSデジタル:3、BS 4K/110度CS 4K:1
  • 映像処理エンジン:レグザエンジン Evolution PRO
  • 高コントラストIPS液晶パネル&全面直下LEDバックライト採用
  • 漆黒に瞬く星の輝きもリアルに再現する新開発「リアルブラックエリアコントロール」
  • 映像の種類を判別し超解像処理するBS/CS 4KビューティX PRO
  • 3段階の超解像で、地デジも緻密な映像に地デジビューティX PRO
  • 肌の質感をよりリアルに表現する美肌リアライザー
  • HDR映像の色彩をさらに正確にするHDRリアライザー PRO
  • ALL4:4:4/フル12bit映像信号処理のプロ向けの映像クオリティ(D93/D65/D50)
  • 動きのある映像もなめらかに楽しめる「ハイクリア」「ハイモーション」ドライブモードを搭載
  • 動きの速いシーンもくっきりなめらかに再現する4Kクリアダイレクトモーション480
  • 視聴環境に合わせて、適切な映像に自動調整!おまかせオートピクチャー
  • さらに磨き上げた鮮烈でクリアな重低音バズーカオーディオシステム PRO
  • 総合出力66Wの4.1chマルチアンプ駆動の新型バスレフボックス2ウェイ フロントスピーカー+重低音バズーカウーファー搭載、壁掛け時も自然なサウンドを再現する壁掛けモードも搭載
  • 映像世界に没入するための高音質「有機ELレグザオーディオシステム」
  • 地デジ番組を最大6チャンネル約80時間分まるごと録画のタイムシフトマシン
  • BSも地デジも3チューナーW録対 番組を見ながら別の2番組(地上デジタル/BS/110度CSデジタル)を録画できます。
  • BS/CS 4K録画対応(BS/CS4Kチューナは1つです。またBS/CSの4Kは独立していません。)
  • HDMI1080p 120Hz入力時0.83msecの低遅延 4Kゲーム・ターボプラス
  • works with Googleアシスタント(スマートスピーカー連携)
  • HDMI 1080p 120Hz、HDMI 2560×1440 60Hz入力対応。高精細PCゲームをなめらかに楽しむことが出来ます

 

49Z720Xの気をつけたいポイント

BS/CS 4Kチューナー内蔵しています。BS・110度CSの4K放送6局のチャンネルを今お使いのBSアンテナで視聴できます。すべてのBS・110度CSの4K放送を視聴するには「SHマーク」のついたアンテナや混合器、ブースターなどに交換する必要があります。

 

49Z720Xの評判は?

 




 

49Z720Xの基本スペック

東芝 レグザ Z720Xシリーズ 49インチ 49Z720Xの基本スペックです。

もっと詳しいスペックを知りたい方は、Z720Xシリーズの公式サイトを参考にしてください。
TOSHIBA REGZA Z720X 49Z720X

TOSHIBA REGZA Z720X 49Z720X
メーカー東芝
ブランドレグザ
シリーズZ720Xシリーズ
画面サイズ49.0インチ
発売日2018年9月
本体横幅1,105.0mm
本体高さ671.0mm
本体奥行121.0mm
スタンド込み横幅1,105.0mm
スタンド込み高さ692.0mm
スタンド込み奥行189.0mm
スタンド込み重量23.5kg
ディスプレイタイプLCD(液晶)
LED種類ダイレクトフルLED
ハイビジョン対応FULL HD
高速液晶表示120ヘルツ
BS/CSチューナ有無BS/110°CSデジタル兼用チューナ
画面分割対応---
地上波デジタルチューナ有無数地上D4チューナ以上
HDMI端子数4.0個
年間消費電力量150kWh
省エネ基準達成率149%
HDD記憶容量---
外付けHDD対応外付けHDD対応有
DLNA対応
3D---
対応OS種類---
Netflix対応
YOU TUBE
アクトビラ対応種類4Kアクトビラ
アプリ対応アプリ プリインストール

 

49Z720Xの新旧スペック比較


49Z720Xと49BZ710Xの違い

49Z720Xと49BZ710Xの違いを価格、スペックで比較しています。

TOSHIBA REGZA Z720X 49Z720X
49Z720X
TOSHIBA REGZA BZ710X 49BZ710X
49BZ710X
発売日2018年9月2017年5月
メーカー東芝東芝
平均価格216,152円175,296円
最安値184,900円 最安店はこちら139,800円 最安店はこちら
販売店舗326
ブランドレグザレグザ
シリーズZ720XシリーズBZ710Xシリーズ
JAN45478088107914547808808460
画面サイズ49インチ49インチ
画素数3,840x2,1603,840x2,160
最適視聴距離約1m0cm約1m0cm
高速液晶表示120ヘルツ120ヘルツ
画面1,105mmx671mmx121mm1,105mmx671mmx61mm
スタンド込み1,105mmx692mmx189mm1,105mmx692mmx189mm
重量23.5kg16.5kg
年間消費電力量150kWh130kWh
省エネ基準達成率149%172%
地デジチューナー数地上D4チューナ以上3
HDMI端子数4.0個4.0個
D端子種類------
スピーカ位置アンダーアンダー
HDD内蔵------
外付けHDD録画外付けHDD対応有外付けHDD対応有
画面分割対応------
DLNA対応
アクトビラ4Kアクトビラ4Kアクトビラ
Netflix
Youtube
アプリ対応アプリ プリインストールアプリ プリインストール
搭載OS------

49Z720Xと49Z700Xの違い

49Z720Xと49Z700Xの違いを価格、スペックで比較しています。

TOSHIBA REGZA Z720X 49Z720X
49Z720X
TOSHIBA REGZA Z700X 49Z700X
49Z700X
発売日2018年9月2016年4月21日
メーカー東芝東芝
平均価格216,152円201,400円
最安値184,900円 最安店はこちら199,800円 最安店はこちら
販売店舗322
ブランドレグザレグザ
シリーズZ720XシリーズZ700Xシリーズ
JAN45478088107914547808806275
画面サイズ49インチ49インチ
画素数3,840x2,1603,840x2,160
最適視聴距離約1m0cm約97cm
高速液晶表示120ヘルツ120ヘルツ
画面1,105mmx671mmx121mm1,105mmx653mmx76mm
スタンド込み1,105mmx692mmx189mm1,105mmx698mmx249mm
重量23.5kg15.0kg
年間消費電力量150kWh138kWh
省エネ基準達成率149%162%
地デジチューナー数地上D4チューナ以上地上D4チューナ以上
HDMI端子数4.0個4.0個
D端子種類------
スピーカ位置アンダーアンダー
HDD内蔵------
外付けHDD録画外付けHDD対応有外付けHDD対応有
画面分割対応------
DLNA対応
アクトビラ4Kアクトビラ4Kアクトビラ
Netflix
Youtube
アプリ対応アプリ プリインストールアプリ プリインストール
搭載OS------

 

49Z720Xの競合は?

49Z720Xと同程度の横幅の4Kテレビを徹底比較!

49Z720Xの幅・高さ・奥行は1,105.0mm・671.0mm・121.0mmです。

ほぼ同型の画面サイズで幅が同じ程度の4K製品を比較してみます。

メーカー等幅・高さ・奥行49Z720Xとの差
49.0インチソニーKJ-49X9000F1,093.0mm(幅)629.0mm(高さ)69.0mm(奥行)12mm狭い42mm低い52mm狭い
49.0インチソニーKJ-49X9000E1,093.0mm(幅)631.0mm(高さ)62.0mm(奥行)12mm狭い40mm低い59mm狭い
48.0インチパナソニックTH-48AX7001,087.0mm(幅)632.0mm(高さ)60.0mm(奥行)18mm狭い39mm低い61mm狭い
49.0インチLG Electronics Japan49SK8500PJA1,096.0mm(幅)638.0mm(高さ)63.0mm(奥行)9mm狭い33mm低い58mm狭い
49.0インチソニーKJ-49X8300D(S)1,093.0mm(幅)639.0mm(高さ)44.0mm(奥行)12mm狭い32mm低い77mm狭い
49.0インチソニーKJ-49X8300D(B)1,093.0mm(幅)639.0mm(高さ)44.0mm(奥行)12mm狭い32mm低い77mm狭い
49.0インチLG Electronics Japan49UH77001,102.0mm(幅)640.0mm(高さ)54.0mm(奥行)3mm狭い31mm低い67mm狭い
49.0インチソニーKJ-49X8000E(B)1,096.0mm(幅)640.0mm(高さ)57.0mm(奥行)9mm狭い31mm低い64mm狭い
49.0インチソニーKJ-49X8000E(S)1,096.0mm(幅)640.0mm(高さ)57.0mm(奥行)9mm狭い31mm低い64mm狭い
49.0インチパナソニックTH-49FX7501,099.0mm(幅)640.0mm(高さ)61.0mm(奥行)6mm狭い31mm低い60mm狭い

49Z720Xより年間消費電力が優れている4K 49インチを徹底比較!

49Z720Xの年間消費電力は150kWhです。

ほぼ同型の画面サイズで、より消費電力量が少ない製品を調べました。

メーカーが公表する年間消費電力量は、省エネ法に基づいて、一般家庭での1日の 平均視聴時間(4.5時間)を基準に算出した、1年間に使用する電力量と推測されます。

メーカー等年間消費電力量49Z720Xと比べた省エネ度
49.0インチLG Electronics Japan49UH650086kWh年間1,216円お得です
50.0インチハイセンスジャパン43A610088kWh年間1,178円お得です
49.0インチ東芝49G20X91kWh年間1,121円お得です
49.0インチLG Electronics Japan49UF850092kWh年間1,102円お得です
49.0インチLG Electronics Japan49UH610093kWh年間1,083円お得です
50.0インチ東芝50M500X94kWh年間1,064円お得です
50.0インチ東芝50M510X94kWh年間1,064円お得です
50.0インチ東芝50M520X95kWh年間1,045円お得です
49.0インチLG Electronics Japan49UF771096kWh年間1,026円お得です
50.0インチ東芝50BM620X97kWh年間1,007円お得です

kWhとは、1時間連続で使用した場合の消費電力量で「電力(W)×時間(h)」で計算されます。

ここでは、1kWhあたりの単価を19円で年間の省エネ度を算出しています。

49Z720Xは49インチ、同サイズの4K 東芝製はコレです

49Z720Xと同じメーカー(東芝)の同型サイズの製品を調べました。

49Z720Xの発売日は、2018年9月です。

型番発売日平均価格
49.0インチ49BZ710X2017年5月175,296円
49.0インチ49C310X2017年4月28日99,874円
49.0インチ49Z700X2016年4月21日201,400円
49.0インチ49J20X2015年8月12日138,690円
49.0インチ49G20X2015年6月30日107,110円
49.0インチ49J10X2014年11月191,718円
50.0インチ50M520X2018年6月6日119,706円
50.0インチ50BM620X2018年6月143,637円
50.0インチ50M510X2017年5月116,880円
50.0インチ50Z810X2017年2月225,400円

49Z720Xより安い4K 49インチはコレ!

49Z720Xのネット価格帯は、184,900円〜238,593円です。

他の4K製品で価格の安いものを比較してみます。

型番ネット価格帯49Z720Xとの価格差
50.0インチ43A610048,384円〜48,385円-167,768円
50.0インチHJ50N300052,499円〜89,800円-147,502円
50.0インチ50A610052,800円〜53,784円-163,024円
50.0インチHJ50N500055,000円〜83,700円-144,555円
49.0インチ49UJ630A59,800円〜59,800円-156,352円
50.0インチHJ50K323U59,800円〜59,800円-156,352円
49.0インチ49UJ610059,800円〜159,998円-120,081円
49.0インチ49UJ650068,500円〜96,984円-138,503円
49.0インチ49UK6300PJF71,710円〜94,000円-126,859円
50.0インチ50A650072,800円〜112,066円-130,190円

価格差は、平均価格で算出しています。

 

49Z720Xの最近の価格動向は?待ち?買い?

49Z720Xの発売日は、2018年9月です。当モデルの4Kテレビ価格動向チェックは、2018年8月26日以前から実施しています。

楽天、ヤフーショッピングは、販売店ごとのデータを集計しています。アマゾンは、複数の販売店がしのぎを削っていますが、当サイトではアマゾンは1つの販売店として扱っています。

※グラフのポイントをタップすると詳細がポップアップします。 ※折れ線グラフは価格、バーグラフは店舗数を表しています。 ※凡例をタップすることで非表示、表示できます。

 

49Z720Xの通販最安店をチェック

Amazon(2018年9月21日時点)、楽天市場(2018年9月21日時点)、Yahoo!ショッピング(2018年9月21日時点)、通販大手各ショップで販売中の49Z720Xモデルの価格リストです。

正確な値になるように努力しています。最新価格や最新の在庫状況は、リンク先のショップで確認するようにお願いします。

  1. 185,000円家電のSAKURA 楽天市場店

    東芝【REGZA】49V型 4K対応液晶テレビ レグザ 49Z720X★【49Z720X】

    15:30迄のご注文で最短当日出荷(在庫商品に限る)

価格一覧をさらに見る・・・


 

49Z720Xに合いそうなオシャレなテレビスタンドは?

4K対応テレビは、もともと置いていたテレビ台に置く予定でしょうか?4K対応液晶テレビ、4K対応有機ELテレビをはじめ最近のテレビは薄いですよね。壁掛けに憧れます。壁掛けは、近未来っぽい雰囲気がいいですよね。ただテレビを支えるための器具を壁にねじ止め等する工事が必要ですし、やっぱり賃貸だと厳しいって諦めていませんか?こちらの工事不要で壁掛けに近い形にできる壁寄せテレビスタンドご存知でしょうか? 下のようなイメージです。前からみても、横から見ても、ビスやビス穴が見えません。工事は不要ですし、壁に寄せることで部屋が広く使えます、普通のテレビ台よりスッキリしているので掃除しやすそうって感じます。

(壁寄せテレビスタンド・ハイタイプの画像です。画像にあるブルーレイレコーダーが置けそうな棚板は、別売りです。)

こちらのスタンドは、最大60インチ、40Kgまでの重量のテレビを設置することができます。組み立て品なので届いたら軍手をした上でドライバーで組み立てる必要があります。組み立て自体は簡単ですが、テレビも、テレビスタンド自体の重量も比較的重めです。2人以上で作業した方が良さそうです。

デメリットもあります。例えば4K対応テレビ購入で標準設置してくれるサービスがありますよね。壁寄せスタンドの設置は、別途費用が発生する可能性が高いです(購入する前に購入店へ個別にお問い合わせしてください)・大きい板で柱を支えます、そのため足元にちょっとした段差がある板が存在して邪魔かもしれません。・テレビを支えるためため、スタンド自体も重い(約19kg)です。壁掛けと比べると工事不要、賃貸でも壁掛け風にテレビを設置できる、あとから設置場所を自由に変更できるメリットが魅力です。

高さ約75cm〜115cmまで調整可能なハイタイプ、高さ約48cm〜68cmまで調整可能なロータイプの2種類あります。

【ハイタイプ】高さ約75cm〜115cmまで調整可能 テレビフレームに合わせてサテンブラック、サテンホワイト、木目調(ウォールナット)、3つのカラーから選べます。 ハイタイプの重量は、約19kgあります。どっしりとした土台で最大40kgのテレビまで設置できます。49Z720Xは、付属のスタンド込みの重量で約23kgです。) こちらの株式会社ナカムラ製WALLは、グッドデザイン賞を受賞しています。

こちらの楽天市場のショップ(インテリアバザー)に適合しているかを簡単に調べることができるツールがありました。

【ロータイプ】高さ約48cm〜68cmまで調整可能 テレビフレームに合わせてサテンブラック、サテンホワイト、木目調(ウォールナット)、3つのカラーから選べます。 ロータイプの重量は、約13kg、ハイタイプより軽いです。どっしりとした土台で最大40kgのテレビまで設置できます。49Z720Xは、付属のスタンド込みの重量で約23kgです。) こちらの株式会社ナカムラ製WALLは、グッドデザイン賞を受賞しています。

こちらの楽天市場のショップ(インテリアバザー)に適合しているかを簡単に調べることができるツールがありました。

TOSHIBA REGZA Z720X 49Z720Xのまとめ

いかかがでしたでしょうか。ここまで『TOSHIBA REGZA Z720X 49Z720X』として、

  • 49Z720Xの魅力とは
  • 49Z720Xの気をつけたいポイント
  • 49Z720Xの評判は?
  • 49Z720Xの基本スペック
  • 49Z720Xの新旧スペック比較
  • 49Z720Xと49BZ710Xの違い
  • 49Z720Xと49Z700Xの違い
  • 49Z720Xの競合は?
  • 49Z720Xと同程度の横幅の4Kテレビを徹底比較!
  • 49Z720Xより年間消費電力が優れている4K 49インチを徹底比較!
  • 49Z720Xは49インチ、同サイズの4K 東芝製はコレです
  • 49Z720Xより安い4K 49インチはコレ!
  • 49Z720Xの最近の価格動向は?待ち?買い?
  • 49Z720Xの通販最安店をチェック

をご紹介してきました。

 

 

2018年 有機EL モデル

ハイエンド有機ELテレビ X920シリーズ 65インチ 55インチ

2018年 液晶モデル

ハイエンド4K液晶テレビ Z720Xシリーズ 55インチ 49インチ
低音スピーカー搭載 BM620Xシリーズ 55インチ 50インチ 43インチ
スタンダード M520Xシリーズ 65インチ 55インチ 50インチ 43インチ

2017年 有機EL モデル

X910シリーズ 65インチ 55インチ

2017年モデル

“美肌”高画質 Z810Xシリーズ 65インチ 58インチ 50インチ
バズーカ BZ710Xシリーズ 55インチ 49インチ
フロントスピーカー M510Xシリーズ 58インチ 50インチ
40インチ ホワイト ブラック
高画質シンプル C310Xシリーズ 49インチ 43インチ

2016年モデル

タイムマシン対応 Z700Xシリーズ 55インチ 49インチ 43インチ
高画質 M500Xシリーズ 58インチ 50インチ
40インチ ホワイト ブラック


新製品

ここでは近々発売される新モデル、最近発売された新モデルがわかります。
リンク先は当サイト内のページです。スペック、競合や最新価格がわかります。

三菱電機 10月18日リリース

Bluray内蔵 RA1000シリーズ 58インチ 50インチ 40インチ
XS1000シリーズ 58インチ 50インチ 40インチ

ソニー 10月13日リリース

有機EL A9Fシリーズ 65インチ 55インチ
Z9Fシリーズ 75インチ 65インチ

東芝 8月下旬リリース

Z720Xシリーズ 55インチ 49インチ

シャープ 8月下旬リリース

AM1ライン 60インチ 50インチ

ハイセンス 8月、9月リリース

A6500 55インチ 50インチ 43インチ
A6100 55インチ 50インチ 43インチ

東芝 7月下旬リリース

有機EL X920シリーズ 65インチ 55インチ

ハイセンス 7月中旬リリース

A6500 65インチ

LG 6月下旬リリース

UK6500Eシリーズ 65インチ 55インチ 43インチ

東芝 6月下旬リリース

バズーカBM620Xシリーズ 55インチ 50インチ 43インチ

シャープ 6月下旬リリース

AM1ライン 43インチ

ソニー 6月23日リリース

ベーシックX7500Fシリーズ 55インチ 49インチ

東芝 6月中旬リリース

M520Xシリーズ 65インチ 55インチ

LG 有機EL 6月中旬リリース

C8Pシリーズ 77インチ
B8Pシリーズ 65インチ 55インチ

シャープ 6月16日リリース

AJ1ライン(スタンダードモデル) 40インチ

LG 6月中旬リリース

SK8000Pシリーズ 75インチ

パナソニック 6月上旬リリース

FX780シリーズ 65インチ

ソニー 有機EL 6月9日リリース

A8Fシリーズ 65インチ 55インチ

ソニー 6月9日リリース

X9000Fシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ
高画質4K液晶テレビ X8500Fシリーズ 85インチ 75インチ 65インチ 55インチ 49インチ(B) 49インチ(S) 43インチ(B) 43インチ(S)

パナソニック 有機EL 6月8日リリース

FZ1000シリーズ 65インチ 55インチ
FZ950シリーズ 65インチ 55インチ

東芝 6月6日リリース

M520Xシリーズ 50インチ 43インチ

そろそろ底値?2017年モデル

2018年モデルが続々リリースされています。新モデル発売で旧2017年上位モデルもご予算にマッチする価格帯になっているものがあります。ここでは2017年の上位モデルをまとめています。在庫が豊富にあるうちにチェックして見てください。
リンク先は当サイト内のページです。スペック、競合や最新価格がわかります。

ソニー2017年上位モデル

高画質&高音質4K液晶モデル X9500Eシリーズ 65インチ 55インチ
高画質4K液晶モデル X9000Eシリーズ 65インチ 55インチ 49インチ

シャープ2017年上位モデル

AQUOS 4K フラッグシップ UH5ライン 60インチ 55インチ
AQUOS 4K ハイグレード US5ライン 60インチ 55インチ 50インチ
AQUOS 4K ハイグレード US45ライン 60インチ 55インチ 50インチ 45インチ

東芝2017年上位モデル

“美肌”高画質 Z810Xシリーズ 65インチ 58インチ 50インチ
バズーカ BZ710Xシリーズ 55インチ 49インチ

パナソニック2017年上位モデル

ハイスペック4Kモデル EX850シリーズ 60インチ 55インチ 49インチ
デザイン4Kモデル EX780シリーズ 65インチ

LG2017年上位モデル

プレミアム4Kモデル SJ8500シリーズ 65インチ 60インチ 55インチ
高品位な4K大画面モデル SJ8000シリーズ 55インチ 49インチ


人気の4K!アクセスランキング

直近1ヶ月の人気4Kテレビです。アクセスが多い順に並んでいます。人気4Kモデルはこちらです

55UJ6100 2017年モデル 【HDR対応】
4T-C50AJ1 2018年モデル 【HDR対応】
TH-55EX850 2017年モデル 【HDR対応】
65M520X 2018年モデル 【HDR対応】
50M520X 2018年モデル 【HDR対応】

4Kテレビ シリーズ/ライン アクセスランキング

直近1ヶ月の人気4Kテレビです。アクセスが多い順に並んでいます。アクセス数が多い4Kテレビのシリーズがわかります


4Kテレビ ディスプレイサイズ アクセスランキング

直近1ヶ月の人気4Kテレビです。アクセスが多い順に並んでいます。アクセス数が多い4Kテレビのディスプレイサイズがわかります

 - レグザ , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,